05 2017

何度も足を運んでしまうわたしのダイスキな撮影スポット 脱マンネリへの険しい道のりが続く翡翠のトンネル

DSC_8793_00018.jpg


【 撮影日 2016.2.19   沖縄県 本部町   備瀬のフクギ並木 】


沖縄で一番人気の観光スポット「美ら海水族館」から、徒歩10分ほどにある備瀬のフクギ並木


DSC_8881_00015.jpg


最近では、入り口の案内板がリニューアルされ、駐車場には新しいモニュメントが出来て、昔と比べて多くの観光客も訪れるようになりました

そんな備瀬のフクギ並木は、わたしもお気に入りの撮影スポット♪
ちょうどいい感じの木漏れ日がフクギの木々からこぼれ落ち・・・イメージどおりのスナップ撮影もいい感じ~♪


DSC_8669_00005.jpg


DSC_8907_00016.jpg


本当にいい感じのスナップ写真なのですが、ただどうしても胸のモヤモヤは消えません


DSC_8621_00001.jpg


そんなとき、ちょうど目の前にどこかのフォトクラブ御一行様が・・・そのとき聞こえたのがどうもマンネリで面白みがないなぁ~」の一言・・・


DSC_8631_00002.jpg


DSC_8775_00012.jpg


そう・・・備瀬のフクギ並木は、確かに素敵な撮影スポット

しかし、何十回も訪れているかもしれないフォトクラブ御一行やわたしにとっては、写真のマンネリ化が深刻な悩みの撮影スポットに変わっていたのです

ハイアングル・・・ローアングル・・・ハイキー・・・ローキーと撮影してみても、どこか過去に撮影したような構図ばかり・・・なかなか脱マンネリ出来なくモヤモヤした気持ちになっちゃいました

そんなキモチでは、ひっそりと隠れた素敵なセカイなんて見つけることは出来ないと思い気分転換に海岸線を歩くことに・・・そこに広がっていたのは、いつも見ている変わらない風景・・・だけど何度見てもわたしのココロを惹きつけてやまない南国沖縄のちゅら海だったのです

関連記事

0 Comments

Leave a comment