21 2017

遠くに見える伊江島タッチューを眺めながら、ま~ったりちゅら海撮影でも・・・

DSC_2914_00001.jpg


【 撮影日 2016.12.27   沖縄県 瀬底島   冬の瀬底ビーチ&fuu cafe 】


南国沖縄のもう一つの魅力は、本島の周囲に広がる大小さまざまな離島
本島のちゅら海よりも透明度の高いちゅら海は、地域ごとに慶良間諸島の「ケラマブルー」や宮古島の「宮古ブルー」などと称されるほど素晴らしいちゅら海が数多くあります


DSC_2923_00003.jpg


DSC_2941_00006.jpg


今回は、本島から車でもいけちゃう絶景ちゅら海が広がる離島瀬底島(せそこじま)をま~ったりと紹介してゆきましょう♪

美ら海水族館に行く途中に見ることの出来る沖縄本島北部にある離島瀬底島(せそこじま)

この日訪れたのが、瀬底大橋のちょうど反対側に広がるちゅら海ビーチ瀬底ビーチです


DSC_2977_00011.jpg


DSC_2946_00007.jpg


遠くに見えるのは、伊江島(いえじま)
伊江島タッチューが印象的な離島で、毎年GWになるとユリ祭りが開催されることでも有名です

そんな伊江島タッチューをバックにま~ったりと瀬底ビーチを散歩してゆきましょう


DSC_2976_00010.jpg


DSC_2927_00004.jpg


注意!決して寒中水泳ではありません!!

この日の沖縄本島の気温は、26度
本州では、もう冬化粧が似合う季節ですが南国沖縄では、まだまだ泳ぐことは出来ます(少し肌寒いですが)


夏のちゅら海撮影シーズンですと蒼空と白い入道雲・・・そしてエメラルドグリーンの色鮮やかな南国カラーが印象的なちゅら海と大勢の海水浴客の笑い声に包まれたセカイとは対象的に・・・


DSC_2947_00008.jpg


DSC_2933_00005_2017011518444765c.jpg




冬のちゅら海は、冬特有のうす雲とぽかぽか陽気のちゅら海・・・そして、海岸線をま~ったりと散歩するほんわかなセカイが広がっていました


DSC_2961_00001.jpg


DSC_2972_00009.jpg


そして、ちゅら海撮影でもうひとつの楽しみが、撮影後のランチタイム♪
瀬底島といったら、必ず立ち寄るカフェfuu cafeにお邪魔しましたぁ~


DSC_2987_00002.jpg


DSC_2997_00002.jpg


DSC_3010_00014.jpg


ヤンバルの大自然が織り成す翡翠のセカイでいただく絶品ランチ&スィーツで、午後の読書タイムをま~ったりと堪能いたしましたぁ~

瀬底島撮影は、瀬底ビーチ以外にもアンチ浜や新しく出来たカフェテリアなど気になる撮影スポットなどが増えているみたいですので、次に蒼空に恵まれたら、アンチ浜と新しいカフェテリアの写真日記を書いていきたいと思います

関連記事

2 Comments

taka  

いつも写真楽しみにしています(^-^)v

瀬底ビーチいいですよね、古宇利島は人が増えてしまいましたが、瀬底ビーチはのんびりとした時間がいまでも残ってて癒されます(^-^

関西人ですが、こないだは瀬底ビーチとアンチ浜でまったりしてきました

ぽてとさんのきれいな写真今後も楽しみにしてます☆

2017/01/23 (Mon) 19:46 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

takaさん コメントありがとうございました

瀬底島は、古宇利島に比べてあまり観光化されていなく、瀬底ビーチやアンチ浜など美しいエメラルドグリーンのちゅら海が有名な撮影スポットにもなっています

ちなみに瀬底大橋から見下ろすアンチ浜と伊江島の風景は、あのJALのパンフレットにも使われるくらい有名な撮影スポットにもなっております


関西は、いますっごく寒いと思いますので、南国沖縄の風景で少しでも暖まってくださいね~♪

2017/01/24 (Tue) 22:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment