鳥肌が立つほど美しすぎる晩秋の夜空に広がる幻想的な兼六園のライトアップ

 24, 2016 18:00
DSC_3427_00001_201612181924579d5.jpg


【 撮影日 2016.11.19   石川県 金沢市   金沢城・兼六園 四季物語~秋の段~ 】


土日の休日出勤の後に金沢を代表する紅葉スポットになっている金沢城・兼六園 四季物語~秋の段~ ライトアップイベントへ行って参りました


DSC_3311_00020.jpg


DSC_3323_00001.jpg


え?兼六園じゃなくて、これ金沢城でしょ??とおもった読者も多かったですよね~

その理由として、兼六園のライトアップの開始は、夕方5時にいったん全員園内から退場してもらってから、ライトアップの準備が始まるということでしたので、その間はま~ったりと金沢城のライトアップを楽しみました♪

その後は、兼六園ライトアップ開始15分前に入り口に行ってみると・・・まさかまさかの大行列!Σ(゚ロ゚」)」

そのため入園するまで、10分以上も人混みに飲まれてしまいましたが、いざ園内に入るとお昼に見た紅葉以上に幻想的な晩秋のセカイが広がっていました

兼六園のライトアップの入り口は、1ヶ所だけだったのでそこから道なりに撮影することにしました
まずはじめに見えたのが、兼六園の名物?「日本最古の噴水と紅葉&雪吊りのイルミネーション


DSC_3326_00002.jpg


DSC_3328_00003.jpg


意外と他の人たちはスルーしがちな撮影スポットでしたが、紅葉もいい感じに色づいていたので、ま~ったりと構図を考えながら撮影

そして、日本最古の噴水を抜けた先にあるのは、ライトアップのメイン撮影スポットである徽軫灯籠(ことじとうろう)・・・なのですが、虹橋を渡るまでさらに20分待ちの大行列が待ち構えていました!(。□。;)

さすがライトアップ最初の週末の夜・・・ですが、兼六園に来たからには絶対に撮影したいスポットなので、行列に入りようやく徽軫灯籠(ことじとうろう)とご対面♪


DSC_3434_00017_201612181954064cd.jpg


ホワイトバランスをオートにするとこんな感じ
ですが、晴天に設定すると一転


DSC_3344_00005.jpg


加賀百万石をイメージしたかのような幻想的な黄金のセカイを魅せてくれましたぁ~
もうちょっと撮影したかったけど、後ろが大渋滞だったためにこの2枚で撮影を断念><

その次は、北陸金沢の冬の象徴でもある雪吊りのライトアップ


DSC_3378_00010.jpg


DSC_3397_00013.jpg


白銀の雪景色が似合う雪吊りでしたが、ライトアップも見事ですよね~
それにしても主要な撮影スポット・・・だけではなく兼六園全体的にものすっごい人混みだったので、急遽作戦変更!

鳴かぬなら・・・鳴くまでまとうよホトトギスならぬ人混みが~帰るまで待とうよ兼六園

ということで、この後は人混みがまばらになるまで、ま~ったりと秋夜の兼六園を散策&スナップ開始♪


DSC_3330_00021.jpg


DSC_3335_00004.jpg


DSC_3413_00014_201612182012133f2.jpg


ヨルイロのセカイに彩られた幻想的な紅葉ライトアップ
この数日後、休暇で平日に兼六園へ行った際にこのアングルで撮影したのですが、お昼ですとそれほど印象に残らなかったですね~

その後は、内橋亭で行われた兼六園ライトアップコンサートをま~ったりと鑑賞♪


DSC_3371_00009_20161218201317f78.jpg


DSC_3418_00015.jpg


夜空に奏でる素敵なネイロ・・・慌しくライトアップを撮影する人たちも、ふと足を止めて奏でられるメロディーに癒されておりました~(´ ▽`).。


そして、待つこと夜の20時過ぎ・・・これ以上は、帰りのバスの時間もなくなるということで、大勢の観光客も足早に兼六園を後にし始めました
しかし、ここで帰りのバス代のために次にいつ訪れることができるか分からない幻想的な秋の夜空に広がる兼六園をみすみす見逃すのか!
・・・と自分自身に言い聞かせ、帰りのバスをあきらめ、最悪タクシーを使うということで、ライトアップ終了までま~ったりと撮影を開始しました!!






ここからは、2016年 晩秋の兼六園ライトアップのベストフォトになります

開園直後は、ものすごい行列だった灯篭もほとんど人がいなかったため・・・


DSC_3356_00008.jpg


虹橋・灯篭・雪吊り・内橋亭をぜーんぶ入れた 兼六園で一番人気の撮影スポット


DSC_3434_00017_20161218202915c66.jpg


DSC_3441_00024.jpg


しかも人影なし!を撮影成功o(*^▽^*)o~♪

お次は、夜空に聳え立つ逆さ雪吊り


DSC_3406_00022.jpg


撮影場所が橋の上だったので、最初は橋を渡る人たちの振動で三脚がぶれてしまって失敗ばかりだった構図なのですが、最後の最後にようやく撮影できた1枚

そして、この夜に一番感動したセカイは、ブログの最初にも載せました霞ヶ池の奥にある栄螺山(さざえやま)の頂上に行く際の遊歩道からしか撮影できない風景

DSC_3433_00023.jpg


DSC_3427_00001_201612181924579d5.jpg


実のところ、最初の散策のときすでに見つけたアングルだったのですが、道幅も狭くさらに大勢の観光客が行き来していたため、三脚を設置しての撮影が絶望的で、半ばあきらめていたアングルだけに撮影した瞬間・・・(ง°`ロ°)งよっしゃぁ!!とココロの中で叫んじゃいました

北陸の紅葉めぐりの中でも、この兼六園の夜に出会った幻想的なヨルイロのセカイは、いまでもココロの中にしっかりと刻み込まれるほど鮮烈で素晴らしい風景でした

次回は、石川県の紅葉めぐり最後の撮影スポットのお話です

COMMENT 1

まっさ  2016, 12. 31 [Sat] 18:21

夜の兼六園も素晴らしい!

再びこんばんは♪
お次は兼六園の紅葉ライトアップ、楽しませていただきました。
昼間とは全然違う名園の姿を、ぽてとぉ~さんも堪能されたみたいで何よりです。


実は北陸新幹線が開通してから週末の兼六園は異常に混むようになりまして、特に桜の時期と紅葉の時期のライトアップは大混雑だって聞きます。
だから、僕は新幹線が開業してから紅葉ライトアップは見に行っていないんですよね。
ことじ灯籠の撮影に20分の行列なんて、数年前では信じられない事態です。


そんな中、こんなに美しいライトアップの写真を収めるぽてとぉ~さんの気迫には頭が下がります。
特に栄螺山からの雪吊りと紅葉のコラボは素晴らしい!
ガッツポーズが自然と出るのが分かりますよ!
この木は早々と葉っぱが散ってしまうこともあるんです。
今年は比較的綺麗な紅葉を魅せてくれていたと思います。
ほんと、バッチリな年にお越しになりましたね。


金沢で一番の紅葉名所、昼と夜の姿をご覧になられたワケですが、満足いただけたでしょうか。
今度は是非、一緒に回ってみたいですね(^^)。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?