21 2016

ほんの少しだけ舞い降りた最高の奇跡 秋晴れの兼六園の紅葉めぐり

DSC_4176_01.jpg


【 撮影日 2016.11.23   石川県 金沢市   奇跡の秋晴れと兼六園 】


ま~ったり時雨亭で、抹茶と生和菓子を堪能したあと外に出てみると・・・まさかの奇跡・・・


DSC_4074_01_2016121219161928f.jpg


荒れ模様の空から一転、分厚い雲のほんのスキマから、奇跡の秋晴れ空が現れました!o(*^▽^*)o
ただこの秋晴れもあまり持たないと直感し、慌てつつもココロ踊りながら、さっそく秋晴れの兼六園撮影・・・第二回戦の開始です!

まさかの秋晴れに恵まれた夕暮れ前の兼六園
まず一番に撮影したかったのが、前回も訪れた三大撮影スポット徽軫灯籠(ことじとうろう)」「唐崎松(からさきのまつ)をぜーんぶ入れた欲張りな秋色の兼六園


DSC_4188_01_201612121930084d9.jpg


DSC_4165_01.jpg


ここだけは・・・せめてここだけはーーと全力で走った結果、見事秋空が美しい兼六園一番の撮影スポットを撮影成功!(v^-')

お次は、北陸金沢の冬の風物詩雪吊りの唐崎松(からさきのまつ)


DSC_3964_01_20161212193512544.jpg


DSC_4034_01_201612121935269ac.jpg


DSC_3948_01.jpg


晴天も素敵なのですが、やっぱり曇り空のほうが北陸の厳しい気候に聳え立つ力強いイメージのほうがわたしはスキかなぁ~

その後は、分厚い雲がお天道様を隠すまで、まったりと秋晴れの兼六園を散策~ぅ♪


DSC_4090.jpg


DSC_4054_01.jpg


秋晴れが広がったのは、時雨亭を出てからほんの数十分だけだったけど・・・


DSC_4108_01_2016121219401253f.jpg


DSC_4111_01.jpg


わたしにとって、一番思い描いていた秋色の兼六園の素晴らしいセカイを見ることができましたぁ~♪
お次は、晩秋の夜空に彩られる兼六園のライトアップを紹介したいと思います



関連記事

1 Comments

まっさ  

素晴らしい「奇跡」でしたね!

こんばんは♪
まずはこちらの記事にお邪魔します。
前記事にあるとおり、金沢は晩秋の頃からまぁとにかく天気が悪いんですよ(^^;。
全く傘が手放せない日々の連続です。

でも、この時期の空は「時雨(しぐれ)空」といって、雨空や曇り空の合間に僅かながら青空が見えたりします。
雨が降ったかと思えば急に日が差して、またすぐ雨が降りだす。
これが北陸の晩秋の空の特徴です。
だから、雨が降っているからと言って完全に青空を諦めるのはもったいない。
根気よく粘れば、直前の空とは打って変わって美しい青空が垣間見られることもあります。
今回はまさにそれでしたね!


青空の下の、ことじ灯籠と雪吊りと紅葉。
兼六園で最も美しい瞬間を見事収められましたね!
こんな綺麗な写真、金沢市民の僕さえもここ何年も撮れていないので、とても羨ましいです。
カメラを、写真を愛するからこそこういうチャンスがうまくやってくるんだと思います。

いや~、手前味噌かもしれませんが、やっぱり金沢の兼六園は綺麗です。
ぽてとぉ~さんの写真を見て、改めて金沢に住んでいてよかったなって思えました。
本当にありがとうございます!

2016/12/31 (Sat) 18:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment