かつて日本中のパイロットの雛鳥たちが集った古巣 下地島空港散策日記

 17, 2016 01:00
DSC_5951_01.jpg


【 撮影日 2016.7.17   沖縄県 下地島   下地島(しもじしま)空港 】


伊良部島と隣接する下地(しもじ)島


DSC_5724_01_201608162214282be.jpg


DSC_5736_01.jpg


伊良部大橋開通後、離島特有の透明度の高いちゅら海が自慢のシュノーケリングスポットとして注目されております


しかし伊良部大橋が開通するまでは、1日数便の定期船しか行き来できなかった小さな島
人気の観光名所なんかはほとんど無かった小さな島に広がっていたのは・・・


DSC_5721_01_201608162312225d3.jpg


DSC_5727_01.jpg


大空を目指す雛鳥たちが日夜訓練に励んでいた下地島空港です

宮古島旅行最後の観光は、すこしま~ったりと空の奇跡をたどってみることにしました

もともと下地島は、JALやANAなどの民間航空会社のパイロットが訓練を行う国内唯一の空港があるだけでした


DSC_5976_01_20160816231913637.jpg


DSC_5956_01.jpg


国内で唯一、大型旅客機でのタッチ&ゴーなどの訓練を行うことのできる下地島空港は、現在世界中で活躍している古参パイロットたちにとっては古巣であり、航空マニアにとっては、聖地と呼ばれるほど最高の撮影スポットとなっていました

残念なことに近年JALとANAが伊良部大橋開通の2~3年前に撤退してしまい、現在は不定期で海上保安庁や一部の民間航空会社が訓練を行うだけ・・・orz


空港周りは静寂に包まれていたのですが・、ふとソラを見上げると・・・


DSC_5971_01.jpg


母なる古巣に広がるソラを超えて舞い上がる一条の飛行機雲・・・

もしかすると、かつてここで育った雛鳥が立派に成長した自分を見てほしいと古巣の空に舞い戻ってきたのかもしれません
どこまでも伸びる飛行機雲を見ていると、ほんの少し切ないキモチになっちゃっいました

まったりぶらり旅 in 宮古島 いよいよ最後のお話は、わたしが今まで見た数え切れないちゅら海の中でも、もっとも幻想的な蒼が広がる離島の海のお話です

COMMENT 0

WHAT'S NEW?