DSC_1705_01_201705211009487b8.jpg

明治維新に活躍した偉人たちの師 吉田松陰の史跡を巡る

朝晩が結構冷え込んできた福岡より こんばんわぁ~


沖縄では、半袖でもよかったけど、この時期の福岡の朝晩は、長袖がちょっと必要かなぁ~

ですが、冷たい風がとても心地よいと感じながら、すがすがしい朝を堪能しちゃっています♪


ちょっと早いですが、今日から福岡出張のときに巡ったセカイをま~ったりと日記に書いていこうと思います

ぽてとのまったりぶらり旅 福岡出張編」 記念すべき第1話は、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」で話題の吉田松陰ゆかりの地 散策日記です



【 撮影日 2015.9.6   山口県 萩市   吉田松陰ゆかりの地 】



福岡出張最初のお休みは、弟と共に山口県の萩へ訪れました

萩といえば・・・


DSC_6179_01.jpg


明治維新の際、伊藤博文や高杉晋作といった数々の志士たちを生み出した維新源流の町として有名で、なかでもその先駆けとなった吉田 松陰(よしだ しょういん)の生誕地となっています


わたし自身、歴史の教科書でちょこっと名前が出てきたかなぁ~?という程度にしかわからなかったので、これは吉田松陰を知るいい機会かも♪

・・・ということで今回は、吉田松陰のゆかりの地をまったりと巡ってゆきたいと思います


まずはじめに訪れたのが、道の駅 萩往還


DSC_6178_01.jpg


ここには、吉田松陰を始めとする明治維新の功労者の像が数多く並んでおります

また道の駅内には松陰記念館があり、吉田松陰の歴史や諸国巡りの経路地図や書物といった資料が多数展示されています


DSC_6211_01.jpg


DSC_6197_01.jpg


特に見所が松下塾を再現した資料コーナーで、当時の吉田松陰や高杉晋作たち維新志士たちの塾でのやり取りが再現されています


DSC_6200_01.jpg


DSC_6207_01.jpg


学者になってはいけない。人は実行が第一だ。

その教えを受けた数多くの門下生たちが、後に明治維新という時代の大革命を成し遂げたのと思うと、改めてすごい偉人だったんだなぁ~と素直に感じました


お次のゆかりの地へと行く前に・・・


DSC_6191_01.jpg


腹が減っては戦は出来ぬ・・・じゃなくて史跡めぐりは出来ぬ!!


DSC_6193_01_20150910213549e38.jpg


DSC_6189_01.jpg


・・・ということで、この資料館のお隣にある「見蘭牛 ダイニング玄(げん)」で、萩ブランドの牛肉を贅沢に使ったハンバーグで腹ごしらえをして、次なる史跡を巡っていきましょう



次に訪れたのが、吉田松陰を祀る松陰(しょういん)神社です


DSC_6215_01.jpg


DSC_6276_01.jpg


松陰神社の入り口にある鳥居をくぐり、まず初めに見えてきたのが吉田松陰が死罪の直前に故郷の両親に送った別れの書「永訣の書」で読まれた歌の石碑です


DSC_6274_01.jpg


親思ふ こころにまさる 親ごころ(自分が親を思う心より、親はそれ以上に自分のことを思ってくれる)

きょうの音づれ なんときくらん(死罪を知ったらどれだけ嘆き悲しむことだろう)



死罪直前まで、吉田松陰は、数多くの名言を世に残してきたそうです

資料館にも数多くの明言がありましたが私が一番ぐっときたのは、やはりこの一句だと感じました


この歌を詠んだとき、幼い頃に親父から一番の親不孝は、親よりも先に我子が命を落とすことだといわれた時のの記憶がよみがえりました

今では遠く福島にいる両親、いつまでも元気でいてほしいと願います



気を取り直し、奥へと進んでゆくと・・・


DSC_6225_01_20150910220627fb8.jpg


DSC_6228_01.jpg


江戸時代の終わり、尊王攘夷を掲げて京都で活動した高杉晋作たちや、明治維新で新政府に関わった初代内閣総理大臣 伊藤博文たちの教えの原点となった世界遺産「松下村塾(しょうかそんじゅく)です

もともとは、松陰の叔父である玉木文之進が天保13年(1842年)に設立したのが始まりだそうです


中には、久坂玄瑞、伊藤博文を初めとした吉田松陰の門下生たちの写真が飾られています


DSC_6234_01_20150910221247d1f.jpg


あまりにも小さな小屋・・・それが私の第一印象でした


ですが、その小さな塾で吉田松陰が実際に門下生に教えたのがわずか2年弱・・・にもかかわらず、新しい日本の先駆けを作り出した維新志士たちは、吉田松陰の教えを見事実現したのですから驚きです



吉田松陰のすごさを改めて感じることが出来た松下村塾を後に最後に訪れたのが松陰神社です


DSC_6249_01.jpg


DSC_6264_01_201509102223480b3.jpg


学問の神として、地元萩で最も崇敬を集める神社だそうで、今でも多くの学問を志す人達が参拝に訪れております


DSC_6261_01_20150910222508512.jpg


このあとは、時間の都合上 萩の城下町を散策することにしましたが、歴史の教科書で名前しか知らなかった吉田松陰のすごさを改めて実感することが出来ました

機会があれば、ネットや書籍でも吉田松陰が残した数多くの名言や教えを読んで、これからの人生や仕事に生かしていけたらいいなぁーと感じた吉田松陰 ゆかりの地でのお話です




にほんブログ村


沖縄 ブログランキングへ


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ぽてとぉ~

Author:ぽてとぉ~
沖縄在住のまったりライフの社会人 

趣味のカメラが元で、沖縄の素敵な写真を皆さんにも見てもらいたいという願いで、ブログを開設しました

趣味の合う方 初めての方 見に来ていただければとても嬉しいです

最近流行のinstagramで「ぽてとのまったり沖縄写真館」をま~ったりとはじめてみましたので、「okinawa_poteto」で検索してみてくださ~い



注意事項

ブログで紹介している写真の無断使用及び無断転載はご遠慮ください

まったりと過ごした方々の足跡
まったりとブログランキング参加中です     (p*゚▽゚)乂(゚▽゚*q)

ま~ったりと読んでいただいた後は、ぜひ応援の「ぽちっ」お願いします。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
過去記事一覧
大切な友人達のブログ紹介
最新コメント