空と雲に彩られる沖縄最古の城跡

 17, 2015 18:00
ただいま宮古島旅行中・・・のはずだったぽてとぉ~です


この記事は、旅行前に予約投稿していたのですが、台風11号の影響で宮古島は、3連休すべて悪天候に見舞われることになり、泣く泣く旅行をキャンセルしましたorz

次にまとまった休みが取れれば、必ずリベンジしたいです!!


今日の日記は、琉球最古の城跡の写真日記です



【 撮影日 2015.7.8   沖縄県 うるま市   勝連城跡(かつれんぐすくあと) 】



台風目前の貴重な晴れ?のなか、まったりとお散歩に来たのが


DSC_3359_01.jpg


DSC_3263_01.jpg


琉球最古の城跡とされている世界遺産勝連城跡(かつれんぐすくあと)です

琉球王朝時代に最後まで王朝に抵抗し戦いを挑んだ「阿麻和利(あまわり)」の居城で、沖縄中部では、座喜味城跡(ざきみぐすくあと)とならんで、中部二大世界遺産となっています


この勝連城跡は、わたしにとって数多くある城跡のなかでも一番のお気に入りスポット

夕景に夜景に青空などの撮影で、何度も訪れている城跡ですが・・・


DSC_3272_01.jpg


今日の空模様は、台風前ということで雲が多めのちょっと残念な空模様

なので、いつもとは違った構図で勝連城跡を楽しんでいこうと思います



勝連城跡は、数年前から遊歩道が整備され始めており、城の中には真新しい階段が設置されています


DSC_3316_01.jpg


DSC_3332_01.jpg


小さな子供やお年寄りの観光客でも手軽に散策できる反面、風景撮影ではこの真新しい階段の影響で、構図が作りにくくなってきました

ともあれ、観光シーズンになれば入場料&駐車料金無料の世界遺産ということで、多くの観光客が押し寄せてくると思いきや・・・


DSC_3275_01.jpg


地元の散歩人や子供たちなどに少々の観光客と人ごみとは無縁の世界遺産になっています

そんな勝連城跡ですが、石段を登りきった頂上からの眺めは絶景です


DSC_3303_01.jpg


DSC_3293_01.jpg


360°の大パノラマが広がっており、東はちゅら海 西は沖縄の大自然と町並みが広がります


だけど湿気も高く遠くの水平線が少しぼやけ気味の上に雲も多いなぁ~

いろいろと構図や撮影方法を考えてみた結果・・・


DSC_3333_01_20150710143056228.jpg


ソラの青と入道雲にエメラルドグリーンのちゅら海の鮮やかな色を捨てて、歴史ある石垣や町並みの風景を強調するため「モノクロ写真」で、構図を探していくことにしてみましょう♪



何度も訪れて、撮影しきっていたと思っていた城跡も


DSC_3336_01_2015071020162060e.jpg


DSC_3317_01.jpg


モノクロにすると、まるで過ぎ去りし歴史を垣間見ているように感じました

そして、そんな歴史のハザマにいる少女


DSC_3348-1_01.jpg


流れる風に身を預け 少女は、一体何を感じていたのだろう?



・・・という感じにいつも見ている色が溢れた世界とは、違ったセカイをイメージしてみましたが、モノクロ写真って構図がすっごく難しいのですね

何を生かし 何を魅せるのかをしっかりとイメージして、もっともっとモノクロのセカイを勉強したいなぁ~と感じました


沖縄中部を代表する世界遺産勝連城跡(かつれんぐすくあと)


DSC_3354_01.jpg


DSC_3275_01_20150710203628ca3.jpg


DSC_3348_01.jpg


次回は、夕暮れと日没後に広がる茜色の空と雲の風景を見てみたいなぁ~と今から楽しみにしています

今度、美ら海水族館など沖縄北部の風景撮影の帰り道に寄ってみましょう


COMMENT 0

WHAT'S NEW?