ぽてとのまったり沖縄日記

沖縄在住のぽてとぉ~が送るまったり写真日記です。 皆さんがまだ知らない南国沖縄の幻想的なセカイを毎日まったりとブログで紹介していきます

夜空を照らす永遠の平和を願う光の柱

相変わらずの熱帯夜が続く沖縄より こんばんわぁ~


7月の3連休にいよいよ宮古島旅行に向けて、相棒の一眼レフNikonD750を修理に出すことにしました

修理内容は、フレア改修が終わった後、イメージセンサーに謎の汚れが付着していたのが気になったからです

それまでは、NikonD600でま~ったりと沖縄を巡ってゆきたいなぁ~と思います

今日の日記は、毎年慰霊の日にあわせて行われる平和記念公園の夜の風景日記です



【 撮影日 2015.6.22   沖縄県 糸満市   平和記念公園 平和の光の柱 】



今年で戦後70年目を迎える中、平和記念公園では毎年行われる「慰霊の日」にあわせ平和の光の柱が静かに行われました


DSC_0006_01_20150626191956f13.jpg


沖縄県では、6月23日は慰霊の日になっています

慰霊の日とは、沖縄戦が終結した日として沖縄県が定めた記念日で、ここ平和記念公園では、沖縄全戦没者追悼式が行われ、正午の時報とともに黙祷を捧げ、世界の恒久平和を願う式典が開催されます

その前夜と合わせ2日間、平和記念公園はキャンドルと5本の光の柱によって、夜空を静かに照らし出します


DSC_0001_01_20150626192018af0.jpg


地面を温かく照らすキャンドルは、戦後70年目を迎えたということで平和70の文字が描かれておりました


DSC_0007_01_20150626192223939.jpg


第二次世界大戦終結から今年でもう70年、夜の闇を静かに照らすキャンドルを見ていると、とても切なく悲しいキモチになりました


そして、平和記念公園中央にある平和の礎(いしじ)の「平和の火」を中心に5本のサーチライトが夜空に聳え立ちます


DSC_0008_01_2015062619144456f.jpg


DSC_0014_01_20150626191457886.jpg


このサーチライトは、戦時中に軍事用だった探照灯を、慰霊・平和の象徴である平和の光の柱として、全戦没者之霊の標柱に見立てて、天空に照射しているそうです


DSC_0047_01_201506261943271d0.jpg


そして、5本のサーチライトの意味は、戦争で無くなった日本・アメリカ・イギリス・朝鮮半島・台湾の5か国・5地域の戦没者を表しています


DSC_0020_01_2015062619192280c.jpg


平和の火」が静かに照らし出す夜の平和記念公園


DSC_0044_01_20150626192959623.jpg


DSC_0023_01_201506261930111a9.jpg


訪れている多くの人たちは、今ある平和をかみ締めるように静かに力強く燃える炎を静かに眺めていました


そして、夜の10時ごろ平和の光の柱が終わり、係りの人たちがキャンドルを撤収していったあとの「平和の礎(いしじ)」には


DSC_0056_01_2015062619454439e.jpg


DSC_0062_01_20150626194622af3.jpg


沈黙のヨルイロのセカイに包まれ


DSC_0058_01_20150626194721962.jpg


夜空に輝く星々が礎をやさしく照らしておりました


戦後70年目を迎えるこの年、改めて平和の尊さを考えなくてはいけないと感じた夜の平和記念公園でのお話でした

関連記事
いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
まったりとブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、下記のバナーをクリックして、応援よろしくお願いいたします。
少しでも南国沖縄、ときどきぶらり旅の記事がみなさんの癒しになれたら幸いです。


にほんブログ村

0 Comments

Add your comment