13 2015

沖縄っ子が大好きなタコライス発祥の地へ!

久しぶりに訪れた実家より こんばんわぁ~


ぽてとぉ~は、ただいま有休をもらい、ま~ったりと実家でゴロゴロと過ごしています

なにより我が家の御飯がすっごくおいしくて、もう帰りたくなくなっちゃうかも・・・


今日の日記は、沖縄発祥のご当地料理「タコライス」発祥のお店でのグルメ日記です



【 撮影日 2015.3.2   沖縄県 金武(きん)町   パーラー千里(せんり) 】



夜勤明けのお昼、どこで御飯を食べようかなぁ~と悩んでいたとき、ふと「タコライス」が思い浮かんじゃった

せっかくなので、タコライス発祥の町「金武(きん)」に行ってみようと思います


沖縄自動車道に乗り、那覇から車で約1時間ちょっと・・・


DSC_4648_01.jpg


沖縄中部にある「金武町」へと到着ぅ

金武町は、タコライス発祥の地として有名で、2010年には、なんと世界一大きなタコライスを作ったということで、ギネスに登録されています


DSC_4585_01.jpg


その大きさといったら、長さ12メートル、幅1・8メートル、重さ746キロ、なんと2千食分相当だったそうです(知っていたら、わたしも食べに行きたかったなぁ~)

さすがタコライス発祥の地ということもあり、数多くのタコライス店がありますが、この日選んだのは・・・


DSC_4583_01.jpg


タコライス発祥のお店パーラー千里(せんり)です

沖縄で最もメジャーなタコライス専門店「キングタコス


DSC_4603_01.jpg


暖簾に「タコライス発祥の店」と書いてありますが、もともとはパーラー千里の2号店ということで開店したので、正式には「パーラー千里」こそが、タコライス発祥のお店になっています


早速お店に入ってみると、おにぃとおばぁの二人で厨房を切り盛りしていました


DSC_4577_01_2015030818023013f.jpg


DSC_4618_01_20150308180242951.jpg


タコライスは、パーラー千里の創業者である「儀保松三」さんが米兵のために考案し、1984年に生まれました

当時は円高ということもあり、米兵が外食を控えるようになったことから、タコスに使われているタコミートを利用して、タコスよりもボリュームがありコストパフォーマンスのよい新メニューとして考え出されたそうです

また、もともとは店員の賄い食だったという説もあるそうですね~


この日注文したのは、「タコライス チーズ野菜」です


DSC_4567_01.jpg


大盛りの御飯の上にたっぷりのタコミート、さらに大盛りのチーズ、そして埋め尽くすほどのレタスとフレッシュトマトのビックマウンテン!!

ちなみに他の場所でタコライスを頼むと、大抵は写真のような感じで出てきます


食べる前に、お店秘伝のタコライス用ソース(ちょっとピリ辛)をかけていただきます


DSC_4579_01_20150308181507ab8.jpg


さすがタコライス考案のお店、すっごく美味しいです♪

お店の壁には、著名人たちのサイン色紙


DSC_4575_01.jpg


約30年以上も変わらぬ美味しさは、今でも多くのお客さんの舌をうならせています


DSC_4573_01.jpg


ちなみにこのお店で「タコライス」といってしまうと、ご飯の上にタコミートしか乗っかっていませんので、御注意を!

お値段も600円とリーズナブル、そしてボリューム満点!!観光に来たら、旅の土産話にぜひこのお店のタコライスを食べてみてはどうでしょうか?

関連記事

2 Comments

きらきらサクラ  

いいですね

こんにちは。
私も沖縄訪問時はよく食べに行っていたお店です。
金武はアメリカ的な部分と海岸沿いの自然の風景が好きでした。

また沖縄に行きたいし、タコスが食べたい!!と改めて思いました。

2015/03/15 (Sun) 07:50 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

きらきらサクラさん コメントありがとうございました

金武は、観光名所も少なく なかなか行く機会がなかったので、わたし自身もアメリカの空気を感じることが出来ました

私の知らない沖縄の風景 まだまだたくさん隠れているみたいですね~

タコスとタコライス、両方おいしいですので、沖縄に来た際は、ぜひタコスの町 金武によってみてください

2015/03/15 (Sun) 11:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment