ぽてとのまったり沖縄日記

沖縄在住のぽてとぉ~が送るまったり写真日記です。 皆さんがまだ知らない南国沖縄の幻想的なセカイを毎日まったりとブログで紹介していきます

伝統を受け継ぐ若き陶芸家の里

雨ばかりが続く休日の沖縄より こんにちわぁ~


こんな日は、ジンベエザメやマナティーで癒されたいなぁ~という前回の言葉通り、美ら海水族館でま~ったりとしてきます

さて、お出かけ前に日記を書いていきましょう

今日の日記は、伝統を守る陶芸家が集まる「読谷やちむんの里」でのスナップ写真日記です



【 撮影日 2015.2.21   沖縄県 読谷村   読谷(よみたん)やちむんの里 】


残波岬灯台をまったり眺めた後に訪れたのは・・・


DSC_4147_01_2015022810544340b.jpg


DSC_4050_01.jpg


灯台からすぐそばにある観光名所読谷やちむんの里です

沖縄の伝統工芸でもある焼物の里のシンボルは、「読谷山窯」とよばれる里の中央にある登り窯です


DSC_4039_01.jpg


DSC_4045_01.jpg


蒼い空と赤レンガのコントラストがベストマッチの風景で、観光客にも人気の撮影スポットとなっています

ちなみにやちむんの里は、読谷村以外ですと那覇市内にある壷屋やちむん通りの2ヶ所しかないそうです


この日は、ちょうどお天気も良かったので、天日干しされている陶器が所狭しと並んでおりました


DSC_4095_01.jpg


DSC_4134_01_20150228111340372.jpg


DSC_4124_01.jpg


やちむん散歩をしながら、あちこち見てみると・・・


DSC_4073_01.jpg


DSC_4059_01.jpg


まったりと寝転がるわんこ、見ているこちらもなんだか癒されますね~♪

そんなゆったりとした時間が流れる陶芸の里で、愛用の一眼レフを片手にさっそくスナップしていきましょう


休日にもかかわらず、若き陶芸家たちがせっせと釜入れ前の陶器を作成している姿を見ることができちゃいました


DSC_4137_01_20150228110550861.jpg


DSC_4172_01.jpg


こちらは、師匠と弟子が二人で釜入れ前の陶器を見て、なにやら会話しているみたいですね~


DSC_4129_01.jpg


伝統を受け継ぐ若き陶芸家たちの姿


DSC_4099_01.jpg


DSC_4090_01.jpg


しかし時代と共に進んでゆく新しいデザインや技術を磨かなければならないため、日夜修行に励んでいる姿は、とっても素敵ですよね~



そんな若き陶芸家たちが丹精込めた陶器たちは、あちこちのお店で見ることができます


DSC_4144_01.jpg


DSC_4143_01.jpg


工場で作られる大量生産品と違い、職人達がひとつひとつ心を込めて創り出した陶器

よくみれば1つ1つ微妙に色合いや模様が違うからこそ・・・


DSC_4182_01.jpg


いろいろなお店を回って、一目ぼれしちゃった陶器をぜひ沖縄旅行のお土産にしてみては、いかがでしょう♪

きっと沖縄旅行の素敵な思い出の1ページに残ることでしょう

関連記事
いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
まったりとブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、下記のバナーをクリックして、応援よろしくお願いいたします。
少しでも南国沖縄、ときどきぶらり旅の記事がみなさんの癒しになれたら幸いです。


にほんブログ村

0 Comments

Add your comment