DSC_8124-1.jpg

沖縄戦の爪跡が今でも残る島   沖縄県 伊江島(いえじま)

梅雨入り真っ最中の沖縄より こんばんわぁ~

毎年この時期は、めったに晴れ空になることがないので、食べ歩きや水族館などにいくことが多いですね~
早く梅雨明けして、ちゅら海を撮影したい~っ

今日の日記は、ゆり祭りで訪れた伊江島(いえじま)に残る戦争の爪跡を記録した写真日記です



【 撮影日 2014.4.28   沖縄県 伊江島(いえじま) 】


まったりと伊江島を走っていると・・・


DSC_6711_01.jpg


道路のわきに見えてきた朽ち果てた建物公益質屋跡(こうえきしちやあと)です


DSC_6692_01.jpg


世界大恐慌期で村財政や村民の生活も苦しかった時代のなか、高利貸の暴利に泣く貧民を救うために作られた福祉施設で、1929年に政府の融資を受けて設立された村営の金融機関です

しかし、第二次世界大戦において、伊江島には日本軍の飛行場があった為、伊江村は、米軍の攻撃目標にされ、艦砲射撃によって、島内の民家などの建造物がほとんど破壊 焼失されましたがこの公益質屋跡だけが辛うじて原型を留めていました


今でも銃弾や艦砲射撃の際に飛んできた破片の跡などが外壁に生々しく残り、内部もひどく損傷していました


DSC_6688_01.jpg


DSC_6703_01_20140510145716041.jpg


ちょうど日差しが近くの森林に反射し


DSC_6686_01.jpg


戦争で傷ついた外壁をやさしく照らしていました

ちょうど花壇に咲いていた一輪のゆりと合わせてパシャ!


DSC_6695_01_20140510150112c8f.jpg


こんなにひどい爪跡を残す歴史なんて来ないことを願うばかりです

公益質屋跡は、伊江村中央公民館のすぐわきにあります



次に訪れたのは、島の南方に位置する海岸線です


DSC_6723_01.jpg


目の前に広がるエメラルドグリーンのちゅら海を眺めながら、このちゅら海のすぐ下にある観光名所を訪れました

ここは、ニャティヤ洞と呼ばれる自然洞窟で、島民たちにとっては、聖域とされ敬われている場所です


DSC_6742_01.jpg


洞窟内には、「力石」があり、子宝に恵まれない女性が持ち上げると、願いがかなうという伝承が今でも残り、伊江島を代表する観光名所でありパワースポットだそうです


DSC_6740_01.jpg


最近では、多くの観光客がパワースポットとして訪れる観光名所ですが、この洞窟は、別名「千人洞(ガマ)」とも呼ばれています


DSC_6759_01.jpg


沖縄戦の初期、昭和20年4月16日から21日まで、「六日戦争」と呼ばれる伊江島における日米双方の激戦地になり、日本軍および島民の戦死者約4700名、米軍死傷者約1100名にもおよぶ大激戦地となりました

この洞窟は、砲撃や銃撃の中、命からから逃げ延びた約1000人近くの島民が兵隊から隠れるために防空壕として、この洞窟に潜んでいました


ハート型に見える洞窟が観光に訪れる人たちにとって、人気の撮影スポットの一つとなっていますが


DSC_6752_01.jpg


当時は、この岩場から見えていたのは、海を埋め尽くす米軍の艦隊と艦砲射撃の爆音と体に響く衝撃に恐怖していたのでしょう

ここは、観光地みたいに笑いながら写真を撮るような場所ではなく、神様に対して、本当に子宝を静かに願う神聖な場所でもあり、そして戦争当時の情景を思い浮かべながら、静かにお祈りを捧げる聖地だと感じました


そして、最後に見つけたのは、観光ガイドには載っていなかった戦争の遺恨でした

村内の民家に放置されていたのは、戦争当時に使用されていた機銃です


DSC_7566_01.jpg


ほとんど錆付き、銃身も朽ち果てておりましたが、戦時中は、襲い掛かる兵士や飛行機に対して、銃弾を発射していたかもしれません


DSC_7563_01.jpg


DSC_7573_01.jpg


世界が平和でありますように・・・そう願うしかココロの中のコトバが思い浮かびません

願わくは、この砲身が再び火を噴くことがない世界になってほしい・・・


伊江島には、そのほかにも数多くの戦跡がありますので、もし時間があれば、ぜひ島内を廻ってみてください


戦争の悲惨な爪跡が今でも残るもう一つの伊江島の風景写真、もし気に入っていただければ、下のブログランキングをぽちっとクリックしてもらえたら、すっごく嬉しい限りです♪ヽ(^-^ )



にほんブログ村


沖縄 ブログランキングへ


この記事へのコメント

- りん - 2014年05月15日 22:12:44

いつも楽しく見させてもらっています。
時々、ぽてとぉ~さんの美しい写真や文章に涙しつつ…。
今日も、読んでいたら自然と涙が…。
二度と繰り返してはいけないことですよね。

そして、今日は沖縄が本土に復帰した日。
コメントせずにはいられませんでした。

昨年初めて沖縄へ旅行に行った際に、ぽてとぉ~さんのブログがとても参考になりました。
本当にありがとうございました!

これからも、楽しみにしています☆

- - 2014年05月16日 16:06:56

初めまして こんにちは

沖縄旅行に行って綺麗な海がとても印象的でした
それが忘れられないくらい 沖縄のブログ巡りをしていたところに
こちらにいきつきました。
観光のスポットで賑わってるけれど
本当は そうじゃないって事を深く思いました
いつまでもあの悲惨な戦争体験は忘れてはならないものですね。

海の色がそう語っています。


勝手ながら リンクさせてもらいました
もっともっと沖縄を知りたくて…

- ぽてとぉ~ - 2014年05月16日 20:58:40

りんさん コメントありがとうございました

沖縄って、華やかな観光名所が数多くありますが、そのなかには、戦争の爪跡も残されています

いつもまったりとした日記ですが、時に皆さんに知ってほしいセカイも紹介していますが、りんさんみたいに共感してくれる方々がいるというのは、とても嬉しい限りです

これからも、まったりと読んでいただければ幸いです

- ぽてとぉ~ - 2014年05月16日 21:03:15

花さん コメントありがとうございました

こんなにも美しい風景や人々の幸せを一瞬にして消してしまう・・・それが戦争だとわたしは考えています

本土復帰からもう何十年も立ちますが、この悲惨な歴史は、語り継がれていかなければならないと思っています

リンクありがとうございました

これからも、よろしくお願いいたします

- ちぃ★ - 2014年05月20日 19:58:15

キレイな景色もいつも、楽しみですが
沖縄の歴史など色んな知らないことが書かれていて、勉強になってます。
リゾートな沖縄の裏にある、悲しい過去も含めて沖縄をもっと知りたいと思っています。伊江島行ってみたいなぁ(^-^)
新婚旅行で沖縄に行った時に備瀬海岸から見た伊江島を思い出します(*^^*)
子宝に恵まれてないので、洞窟に行ってお願いしたいです( ´∀`)

- ぽてとぉ~ - 2014年05月21日 18:57:49

ちぃ★さん いつもコメントありがとうございます

子宝に恵まれるニャティヤ洞は、観光名所のひとつで、伊江島フェリーからも程近いので、お勧めです

島内は意外と広いので、レンタカーなどがいいと感じました

伊江島は、戦跡と大自然の景観地が合わさった、とても素敵で、切ない島でした

トラックバック

URL :

プロフィール

ぽてとぉ~

Author:ぽてとぉ~
沖縄在住のまったりライフの社会人 

趣味のカメラが元で、沖縄の素敵な写真を皆さんにも見てもらいたいという願いで、ブログを開設しました

趣味の合う方 初めての方 見に来ていただければとても嬉しいです

最近流行のinstagramで「ぽてとのまったり沖縄写真館」をま~ったりとはじめてみましたので、「okinawa_poteto」で検索してみてくださ~い



注意事項

ブログで紹介している写真の無断使用及び無断転載はご遠慮ください

まったりと過ごした方々の足跡
まったりとブログランキング参加中です     (p*゚▽゚)乂(゚▽゚*q)

ま~ったりと読んでいただいた後は、ぜひ応援の「ぽちっ」お願いします。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
過去記事一覧
大切な友人達のブログ紹介
最新コメント