DSC_0362-1.jpg

琉球王国最高の聖地   沖縄県南城市 斎場御嶽(せーふぁうたき)

穏やかに晴れる週末の沖縄より こんばんわぁ~

明日は、休日出勤ということで、今のうちに日記を書いておきましょう
今日の日記は、沖縄南部を代表する世界遺産の写真日記になります



【 撮影日 2014.4.13   沖縄県南城市 斎場御嶽(せーふぁうたき) 】



ちょっとだけ早起きした休日の沖縄

風も心地よく絶好のドライブ日和になりそうです

・・・ということで、ちょっと足早に向かったのは・・・


DSC_6203_01.jpg


DSC_6201_01_201404152028260b0.jpg


沖縄南部にある代表的な世界遺産の一つ斎場御嶽(せーふぁうたきです

「せーふぁ」とは、「最高位」という意味で、文字通り琉球王朝最高の御嶽です


DSC_6019_01.jpg


かつては、男子禁制の聖地であり、当時の庶民は、入り口より先へは入ることを許されず、国王であっても御門口より先に入るには、袂の合わせを女装に改める必要があったと伝えられています

近年では、沖縄のパワースポットとして、多くの観光客で賑わう観光スポットへとなっています

ですが観光客の増加が災いして、通路の石畳が磨り減ってしまったり、通路が傷んでしまったため、最近まで修復作業がなされていました


通路は、石畳とその両方には、土嚢で補修された道になっており、雨になると滑りやすくなるので、注意が必要です


DSC_6138_01.jpg


斎場御嶽(せーふぁうたき)で、最も神聖な場所とされているのが、ここ三庫理(さんぐーい)と呼ばれる場所です


DSC_6133_01.jpg


両側から倒れるように支え合うようにできた三角形の空間の先で、聞得大君(きこえおおぎみ)という琉球の信仰における神女の最高位の祝女(ノロ)が儀式を行った聖域であります

その入り口の脇に2本の鍾乳石があり、その鍾乳石からしたり落ちる聖なる水を受け止める「シキヨダユルとアマダユルの壷」があります


DSC_6086_01.jpg


DSC_6122_01.jpg


滴り落ちる水は、「聖なる水」とされているので、壷や水を触るのは厳禁です!


DSC_6120_01.jpg


斎場御嶽(せーふぁうたき)の中でも最も神聖な場所とされる三庫理(さんぐーい)では、いきなり写真を撮るのは、NGです

まずは、敬う心を持って、一礼を行ってから、静かにシャッターを切っていきましょう

入り口から入り、上を見上げれば・・・


DSC_6048_01_2014041520534292a.jpg


二つの巨大な岩壁が折り重なっているのが良く見えます

そして、三庫理(さんぐーい)へと辿り着きました



DSC_6026_01.jpg


DSC_6052_01.jpg


かつては男子禁制の聖地であり、琉球王国最高の聖地といわれるセカイ

ここは、さっきまでとは違う感じ・・・たとえるなら、神秘的なセカイ・・・わたし自身のココロでは、どんな表現をしていいかわからないくらい心が落ち着く不思議な空間が広がっていました


DSC_6036_01_20140415204724f86.jpg


儀式を行うための空間は、意外と狭い上に足元には、チョウノハナと呼ばれる聞得大君(きこえおおぎみ)との関係の深い香炉(上の写真右側の香炉です)が設置されていますので、足元には十分注意してください


DSC_6050_01.jpg


そして、東側の拝所より見えるのは、琉球の創世神アマミキヨが天より降り立ったと伝わる琉球神話聖地の島「久高島(くだかじま)」を見ることが出来ます


DSC_6040_01.jpg


斎場御嶽(せーふぁうたき)には、ここ以外にも大きな拝所などの跡地を見ることが出来ます


DSC_6146_01.jpg


DSC_6184_01.jpg


その中でもわたしが皆さんに一番見てほしいのが沖縄戦で、米軍の艦砲射撃によって出来た巨大な砲撃跡に雨水が溜まった池「砲弾池」です

沖縄戦での激しい戦闘は、沖縄南部にも広がっていましたが、奇跡的にも戦火を逃れた斎場御嶽(せーふぁうたき)にある戦争の爪跡です

こんなにも巨大な溜まり池を作るほど強力な砲弾が当時は、沖縄本土のありとあらゆるところに降り注いできたと思うと、ぞっとします


DSC_6159_01.jpg


日本は、平和な国と言われていますが、世界各地では、いまだに紛争や内乱が続く場所も数多くあります

この砲弾池が2度と世界各地に出来ないことをわたし自身願わずにはいられません

パワースポットとして、人気の観光名所となっている斎場御嶽(せーふぁうたき)ですが、訪れる皆さんにこの砲弾池が語り伝えようとしている思いを少しでも感じてほしいと願います


琉球王国最高の聖地である世界遺産の斎場御嶽(せーふぁうたき)の写真、もし気に入っていただければ、下のブログランキングをぽちっとクリックしてもらえたら、すっごく嬉しい限りです♪ヽ(^-^ )


にほんブログ村


沖縄 ブログランキングへ


この記事へのコメント

- まっさ - 2014年04月18日 19:45:34

こんばんは♪
斎場御嶽は私も訪れましたが、その頃は今みたいなパワースポットブームなんて全くなくて、御嶽周辺も静かなものでした。
実は反省しなきゃならないことがありまして、当時はいきなり写真を撮り始めたかもしれません(^^;。

今じゃあちこちの観光地がパワースポットを謳っていますが、沖縄の御嶽はそれらとは完全に別格。信仰の歴史や戦争での爪痕がシッカリ刻まれていますからね。
「パワースポット」なんて安っぽい言葉はここには似合わず、「聖域」が正しいかな。
未来永劫平和であることを、ここでお祈りしたいです。

- ぽてとぉ~ - 2014年04月19日 00:02:47

まっささん いつも応援 コメントありがとうございます

最近では、入場前に斎場御嶽の歴史を知ってもらうためにビデオを見てからの入場になりました

その中でも写真を撮る際の注意事項もきちんと説明してくれるみたいです

観光ですので、いきなり写真を撮るのは、しょうがないことです
せっかくの沖縄旅行なのですから、楽しんでもらえれば、いいと感じます

わたしの日記を通じて、沖縄の歴史等を知っていただけたら嬉しい限りです

- あられ - 2014年04月21日 08:31:19

大好きな場所です

沖縄では観光というより御嶽へ行ったりして

自分に元気をもらっていることが多いです。

斎場御嶽はまた男子禁制になるかもしれないのですよね?

御嶽の意味を知らずに海パンで来る人がいるのだとか。。。

無知にもほどがありますよね。。。神聖な場所を汚されるのは沖縄の人にとっても

つらいと思うから男子禁制も仕方ないのかな?と思います。

何のために世界遺産にしたのかを考えてほしいですね

今年行ったら、斎場御嶽と久高島にはまた行きたいです♪

- ぽてとぉ~ - 2014年04月21日 19:21:57

あられさん いつもコメントありがとうございます

そういった方々が増えたためでしょうか?、最近では、入場前に斎場御嶽の歴史と注意事項を紹介する映像を必ず見てからの入場になっていました

ここは、単なる観光名所ではなく、沖縄の人たちにとって、大切な信仰の聖地だということを知ってほしいと感じております

トラックバック

URL :

プロフィール

ぽてとぉ~

Author:ぽてとぉ~
沖縄在住のまったりライフの社会人 

趣味のカメラが元で、沖縄の素敵な写真を皆さんにも見てもらいたいという願いで、ブログを開設しました

趣味の合う方 初めての方 見に来ていただければとても嬉しいです

最近流行のinstagramで「ぽてとのまったり沖縄写真館」をま~ったりとはじめてみましたので、「okinawa_poteto」で検索してみてくださ~い



注意事項

ブログで紹介している写真の無断使用及び無断転載はご遠慮ください

まったりと過ごした方々の足跡
まったりとブログランキング参加中です     (p*゚▽゚)乂(゚▽゚*q)

ま~ったりと読んでいただいた後は、ぜひ応援の「ぽちっ」お願いします。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
過去記事一覧
大切な友人達のブログ紹介
最新コメント