05 2012

葉桜になる前に八重岳さくら祭りへ、行ってみました

 沖縄北部のさくらもいよいよ葉桜にかわりつつあるということで、沖縄県北部の桜の名所めぐりにいってきました。

寒緋桜

 土曜の朝早く出発して、帰ってきたのが深夜になってしまいましたが、わたし自身満足いく写真を撮ることができ、カメラ仲間ができ、とても有意義な一日になりました。

 さて、わたしがみた沖縄北部の桜を紹介していきたいと思います。

 この日記の続きは、下記にあります「続きを読む」をクリックしてね。又、縦写真は、画像をクリックすると全画面に表示され、見やすくなっています。

 土曜の午後は、曇り空になってしまいましたが、それでもところどころ日差しが差し込んできて、八重岳の桜をきれいに照らしてくれていました。

太陽に輝く桜

 ただ、頂上へ行くにつれ、少しずつ厚い雲に覆われていきまいた。

八重岳中腹

 それでも沖縄県北部の桜の見納めということだけあって、大勢の観光客がやってきていました。

 最近では、一眼レフもだいぶ安くなったのか多くの一眼レフカメラが見られるようになりました。

カメラ女子

 そんな感じで、桜を撮影しながらま~ったりと頂上を目指して行きました。ようやく頂上に到着すると、そこには沖縄県北部を一望できる絶景がありました。

頂上

 奥に見えるのが伊江島です。もうちょっと晴れ渡っていると、きれいだっただけに実に残念でした。

八重岳頂上

 周りを見渡していると、ふとなにやら色鮮やかな神社みたいなのが見えてきました。

神社

 ここが祭っていのは・・・な なんとシーサーが大明神みたいで、いろいろな御利益があるみたいでした。

桜大明神

 ただ、この横の張り紙を読んでみると・・・どこの宗教にも属していませんということです。・・・え?つまり仏教などなどには、属してないこと・・・つまりこれは、シーサー教という新しい宗教なのかなぁ~って、考えちゃいました。

 ま~ったり撮影して、麓の桜祭り会場に来ることには、すっかり日も暮れてしまいました。

桜祭り会場

 屋台からは、焼きそばやお好み焼きなどの定番メニューのソースのこげる匂いがたちこめ、おもわず晩御飯にしてしまいました。

いろいろな屋台

 屋台のソースの匂いは、空腹だともう反則並みの誘惑でした。

 おなかもふくらみ八重岳を下っていると、さきほどの堤燈が幻想的な光の世界を演出してくれ、夜空に咲く、幻想桜を色づけておりました。

夜桜


夜桜


 夜は、運良く雲も薄れて、お月様が顔をだして、静寂な桜の世界を照らしていました。

月見桜

 幻想的な風景を心酔いしれ、大満足な一日になりました。

 
 追伸 次のブログは、この週末の桜めぐりの続きになります。楽しみにしてください

関連記事

4 Comments

つばさ***  

No title

お久しぶりです(^_-)-☆
コメントありがとうございます!!
なかなか、PCからBLOGをみることができず・・
今日、いろいろ見せて頂きましたヽ(^o^)丿
やはり、写真の撮り方が違います!!←あたりまえ・・すいません(@_@;)
勉強になります!!!!

2012/02/06 (Mon) 13:23 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ〜  

No title

つばさ*** さん いつもコメントありがとうございます。
わたしもまだまだ未熟なので、もっともっとうまくなりたいと思っています。
まだまだ上手になっていくので、又見に来てくださいノシ

2012/02/06 (Mon) 18:55 | EDIT | REPLY |   

花森ぐみ  

うわあぁ〜(゚o゚;;

すんごい綺麗です!!
いいですね!

私も見に行きたいなぁ〜(>_<)

2012/02/07 (Tue) 21:44 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ〜  

No title

花森ぐみ さんコメントありがとうございました
この時期のさくらといったら、沖縄以外の人には、めずらしいですしね~いつかぜひ見に来てください

2012/02/08 (Wed) 10:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment