DSC_0362-1.jpg

忙しい現代社会というセカイから外れた理想郷

 真夏の沖縄より こんばんわぁ~

 今週の土曜日から、ようやくお盆休みがとれて、久しぶりに福島の実家へ帰省することになり、気分もウキウキしていたところ・・・

 おもわぬサプライスが・・・ありましたぁ・・・


 出勤して、いつもどおり仕事をしていると職場の上司(えらいよーorz)から・・・

 「急な話で悪いが休暇明けに石川県へ4週間出張してくれ・・・」

 ・・・

 ・・・・・

 ・・・・・・・え!!

 ということで、わたしの代わりに出張に行ってくれる救世主もなく、あれよあれよと石川県の出張が決まってしまいましたぁ~

 う~ん 寝耳に水とは、まさにこのこと・・・沖縄の風景写真を撮りたいという季節に出張が入るなんて、思いもよりませんでしたが、それもお仕事orz がんばっていきましょう~orz

 今日は、残業明けということもあり、お仕事も半日で終わったので、いきなり決まってしまった出張にイライラした気持ちがあったので、どこでもいいからドライブをして、すっきりしようと思い、カメラも持って出発です。

 2時間ぐらい北部に向けて走り続けたときでした、信号待ちをしていたとき・・・ふとため息交じりで窓の外を見たら・・・

いつもは通り過ぎてしまうような風景

 何気ない沖縄の集落がどこか気になってしまい、近くの駐車場に車を停めて、その集落を散策することにしました。

 気温は、32℃と全国から見れば涼しいと思いますが、日差しも強く風もあまりなく、最初はイライラしていましたが・・・

呉我区部落

 平日なのに、慌しい日常もなく、なにもかもが静かにそして穏やかなそのセカイに少しずつ心が落ち着いてきました。

沖縄の伝統的な家

 沖縄の伝統的な家作りの部落は、すでに観光名所になってしまい、どこかには必ずカメラを持った観光客がいますが、ここは本当に静かで、セカイにわたし一人だけの空間が広がっていました。

 そんなセカイを感じはじめたとき・・・

静寂なセカイの道先案内人

 過去にも同じタイミングで、道先案内の猫に出会ったことがありましたが、今回も案内人の猫があらわれました。

 わたしのことに気づいているのですが、逃げるそぶりもなかったその猫の背中を追っかけてみると、人が入れない路地の中に歩いていきました。

静寂な世界へ続く道

 覗いたときには、さっきまで歩いていた猫は、どこかへ消えてしまいました。

 まるでニンゲンには、決して行くことのできない猫だけが知る静寂な世界の入り口のように見えました。

 
 そんな光景を目の当たりにしたわたしの心は、どこか夢うつつのような気分になりました。

 夢うつつな気分のまま、この集落を散策してみることにしました。

ハイビスカスと赤レンガ

 まず目に映ったのがこのハイビスカスと赤レンガの風景です。

 沖縄へ遊びに来る観光客の方々とお話しする機会が多いですが、よく沖縄のおみやげにあるポストカードの風景で、赤レンガとハイビスカスの写真をみて、どこの観光名所ですか?と聞かれますが、観光名所ではなく、少し歩みをゆっくりにして、沖縄の時間に足取りを合わせれば、どこでもこのような風景がみれますとわたしは、答えています。

 ゆっくり空を見上げながら、ゆっくりゆっくり歩いていると・・・

暑さ対策?の白煉瓦

 観光名所では、なかなかない沖縄ライフの日常の風景が広がります。

屋根上のシーサー

 屋根上のシーサーもまったりライフのなか、その集落を見守っています。

  
 赤レンガなどの住宅だけが沖縄の伝統的な住宅ではありません。

角ばった住宅

 戦後?に増えてきたのかなぁ~?まるで、欧風な角ばった住宅も沖縄の伝統的な作りの家とわたしは思っています。

ハイビスカスと四角い住宅の屋根

 そして、そんな集落を歩いていると、緑に囲まれた森の中、鳥居が見えてきました。

森の中の鳥居

 まるで神社みたいですが本州などとは違うのは・・・

配所

 鳥居をくぐれば神社の本堂があるというわけではないというところですね~

配所

 配所の中には、線香を炊くための簡易的なものしかありませんでした。

 その配所の奥のほうにけもの道っぽい道がつづいていましたが、あえて行くことはしませんでした。

 そのけもの道がまるで、配所を管理している神職の方々が歩いている道のように思えたからです。

 
 集落に戻り、撮影をしていると・・・

ゴ~ヤ

 メェ~・・・とは程遠い、動物の鳴き声が聞こえてきました。

 どうやら、集落内で、ヤギを飼っているらしく、おじさんに御願いして、ヤギを見せてもらうことにしました。

かわいい子ヤギ

 まず見えてきたのがかわいい子ヤギ達です。
 
 つぶらな瞳がとても愛くるしいなぁ~と眺めていると・・・

でっかぁ~~~

 ここのヤギ達の中で一番年上の白ヤギがわたしを覗こうとにゅ~っと体をのばしていました。

 こんなにでかいとは思わず、ちょっとびっくりしちゃいました。

 
 その隣には、この子ヤギ達を産んだお母さんヤギがいました。

お母さんヤギ

 子ヤギとは正反対で、こちらはわたしに興味心身で、手を差し出すと、ふんふんと匂いをかいできましたので、なでなでしていると目を細めてくれます。

 かわいいなぁ~とおもって、油断していたところ・・・

ハグハグ

 お母さんにしてみれば甘ガミだったのかもしれませんが、すごく痛かったです~orz

 お母さんの愛情表現は、とても強烈だといったら、農家のおじちゃんが、なついているんだよ~と教えてくれ、少しうれしかったです。


 まったりとして、農家のおじちゃんとヤギ達と別れ、また集落内をさまよっていると・・・

共同売店

 共同売店が見えてきました。沖縄の小さい部落になるとスーパーどころかコンビニすらない地域もたくさんあるので、こういった共同売店というお店がたくさんあります。

 休憩用のテーブルがあるということなので、ジュースを買って、風景を楽しみながら飲もうと思ったのですが・・・

利便と自然との共存は可能か??

 聞いたところ数年前までは、目の前に海が広がっていたそうですが、時の流れでしょう、ニンゲンの利便で、海が埋め立てられている光景を見てしまいました。

 つぶしてしまったら二度と生き返らない沖縄の自然・・・でも人々の生活のためには、必要な工事・・・どちらも生きていく道があればいいなぁ~と感じながら、その工事風景を見ながら、渇ききったのどを潤していました。



にほんブログ村


沖縄 ブログランキングへ


この記事へのコメント

- かめきち - 2012年08月09日 00:25:18

子ヤギかわいいですね^^

相変わらずいい写真撮りますねー☆
私も一眼買ったのですが、全然うまくとれません^^;

- kaorin114 - 2012年08月09日 11:15:01

自分が沖縄にいるような感覚になって不思議ですw

これからも素敵な写真を撮って下さい(ノ´∀`*)

- ぽてとぉ~ - 2012年08月10日 18:10:30

かめきちさん コメントありがとうございます

子ヤギはかわいいけど、大人のヤギは、迫力がありましたw

一眼レフは、まだまだ始めたばかり、これからどんどんうまくなっていくよ~

- ぽてとぉ~ - 2012年08月10日 18:11:26

kaorin114さん コメントありがとうございます

写真をみて、自分も沖縄にいる感覚になっているといわれると、わたし自身とてもうれしいです。

トラックバック

URL :

プロフィール

ぽてとぉ~

Author:ぽてとぉ~
沖縄在住のまったりライフの社会人 

趣味のカメラが元で、沖縄の素敵な写真を皆さんにも見てもらいたいという願いで、ブログを開設しました

趣味の合う方 初めての方 見に来ていただければとても嬉しいです

最近流行のinstagramで「ぽてとのまったり沖縄写真館」をま~ったりとはじめてみましたので、「okinawa_poteto」で検索してみてくださ~い



注意事項

ブログで紹介している写真の無断使用及び無断転載はご遠慮ください

まったりと過ごした方々の足跡
まったりとブログランキング参加中です     (p*゚▽゚)乂(゚▽゚*q)

ま~ったりと読んでいただいた後は、ぜひ応援の「ぽちっ」お願いします。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
過去記事一覧
大切な友人達のブログ紹介
最新コメント