fc2ブログ
ぽてとのまったり北陸日記

冬月の夜空に輝くのは、雪化粧に彩られる加賀百万石の庭園  兼六園期間限定イベント「金沢城・兼六園四季物語 冬の段」まったり撮影日記

2021/03/07
北陸散策日記(石川編) 2
残雪が残る週末の夜、兼六園で開催されている期間限定イベント金沢城・兼六園四季物語 冬の段を見に行ってきました~(*'▽')♪

雪化粧に包まれた夜の兼六園と美しいライトアップの絶景をまったりと楽しんでいってください


DSC_0166_01_20210307073243d5f.jpg


【 石川県 金沢市   兼六園期間限定イベント 「金沢城・兼六園四季物語 冬の段」 】


加賀歴代藩主によって、長い歳月をかけて造り上げてきた日本三名園の1つ兼六園では、春夏秋冬の期間限定でライトアップイベントが開催されます。

春の夜桜、初夏の新緑、秋月の紅葉に続いてのライトアップイベントだったのですが、イベント開催の日に限って雪が全く降らないんですよね~(;^_^A

そして待ちに待った2月の中旬の週末、ようやく雪化粧に包まれた兼六園のお披露目ということで、仕事が終わった後すぐに出発して撮影してきました。


DSC_0152_01_2021030707463328f.jpg


DSC_0156_01_01.jpg


見てください!これが雪化粧に彩られた夜の兼六園です~(*'▽')♪

石川県の冬の風物詩でもある雪吊りと純白の絨毯が織りなす夜の兼六園は、とても幻想的なセカイに包まれておりました。

園内マップによると、園内中央にある霞ヶ池(かすみがいけ)を周回するルートが解放されているみたいで、夏や秋に行くことのできた山崎山(やまざきやま)といった小道は安全上の観点から通行禁止となっておりました。

となると、冬の段のライトアップイベントで一番の撮影スポットとなるのが、霞ヶ池にある雪吊りの唐崎松(からさきまつ)です。


DSC_0198_01_2021030707561857b.jpg


13代藩主・前田 斉泰(なりやす)が近江八景の一つと称される琵琶湖畔の唐崎松から種子を取り寄せて育てた黒松
その勇壮な黒松に雪吊りがされており、これぞまさに石川県の冬の風物詩ともいえる見事な姿を見ることができちゃいました。


DSC_0163_01_20210307080453592.jpg


DSC_0185_01_202103070756389d7.jpg


特にうれしかったのが、この日は冬の夜にしては珍しく無風状態だったので、水面に描く美しい逆さ唐崎松もバッチリ撮影できたこと
北陸の冬は結構風が強い日が多いので、これは最高にラッキーでしたね~(*'▽')♪

しかし兼六園の冬のライトアップでは、この唐崎松以外の撮影スポットが中々ないというのが欠点となっており、当然多くの観光客やカメラマンたちがこの唐崎松を中心にぐる~っと囲って写真を撮影しておりました。


DSC_0158_01_01.jpg


最初は長時間露出で観光客やカメラマンたちを消したりスナップフォトで撮影していたのですが、それならば他の人が全く見たことのないセカイを探すほうが楽しそうじゃないかなぁ~ということで早速行動開始


DSC_0191_01_20210307081418c04.jpg DSC_0201_01_2021030708142528d.jpg


内橋亭(うちはしてい)根上松(ねあがりまつ)を冬月の夜空と一緒に撮影
昼間に見たときはスルーされがちな風景がライトアップになるとこんなにも化けるのですから驚きですよね~(;^_^A

そして、兼六園に来れば誰もが撮影する徽軫灯籠(ことじとうろう)と虹橋の風景ですが、なんと秋に撮影できた場所での三脚や長時間の撮影が禁止に!

理由を聞いてみたところ、カメラマンたちが三脚を設置して長時間居座ってしまい、さらにカメラマンが撮影するのであればいい写真が撮れると思い、その周りにも多くの人が集まりすぎてしまった結果、虹橋での渋滞が発生し、コロナの御時世にもかかわらず過密な状態になっていたそうです。
それが原因で他の観光客たちから係員に多くのクレームが寄せられたこと、また安全面と感染予防の観点から、冬のライトアップからは三脚禁止の上に一人写真1枚のみという制限がついてしまいました( ノД`)シクシク…

なので、色々と試行錯誤を繰り返して、ようやく撮影できたのがこの1枚


DSC_0174_01_20210307082157ae1.jpg


冬月の夜空に輝きを放つ雪化粧に彩られるた加賀百万石の庭園のセカイです

今までは、琴柱灯篭と虹橋を望遠レンズや標準レンズで切り抜いての撮影ばかりでしたが、広角レンズをつかって、広大な園内を1つのセカイに凝縮してみました~(*'▽')♪
何十回も兼六園に足を運んでいたせいか、いつの間にかここはこう撮影するという固定観念が出来てしまっていたなぁ~と自分自身に反省
今まで気が付かなかった新しい兼六園の魅力を発見できた嬉しい夜となりましたが、この後最悪の事態が待っていたことをこの時の私は知る由もなかったのでした。



いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます
ぽてとぉ~は、まったりとブログランキングに参加しております
もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただければ、とても嬉しい限りです♪

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村


一眼レフカメラランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

☆AMEX☆

こんばんは

今回も素晴らしい写真の数々ですね~
雪が無くても十分すぎる素敵な園内です。
背景のコバルトブルーに落ちた空をバックに、照らし出された黄金色の雪吊りと黒く染まった池にその反射が綺麗に映し出されていて、1枚目と5枚目の縦アングルの写真には引き込まれました。

2021/03/07 (Sun) 20:01
ぽてとぉ~

ぽてとぉ~

☆AMEX☆さん いつもコメントありがとうございます。

実はこの前の週末にも訪れてみたのですが、雪が降らないと枝木と唐崎松の雪吊りだけと少し寂しい感じになっちゃいます( ノД`)シクシク…

雪吊りは、秋の紅葉ライトアップでもお披露目されているので、どうしても冬らしい雪景色を狙っていたので、最高に楽しい夜景撮影となりました。

2021/03/08 (Mon) 18:46
ぽてとぉ~
Admin: ぽてとぉ~
忘れたくない素敵な思い出も、時が経つと薄れていくもの・・

なので、わたしはこの世界で出会った素晴らしい風景を写真で残し、その時感じた想いを忘れないためブログに残していく。

そんな気持ちで、北陸金沢を舞台に出会った素敵な思い出を写真日記で書いてゆきます。

リンクフリーです。ぜひお気軽に登録してください♪

Twitter開設しました~
「ぽてとぉ~」で検索してもらえれば出てきますので、こちらもよろしくお願いいたします。

!注意事項!
ブログで紹介している写真の無断使用及び無断転載はご遠慮ください
北陸散策日記(石川編)