fc2ブログ
ぽてとのまったり北陸日記

能登半島の最北端にある禄剛埼(ろっこうさき)灯台 夏の蒼空と入道雲に祝福された純白の灯台に感動( ゚Д゚)!

2020/09/24
北陸散策日記(石川編) 0
石川県最北端でもあり、能登半島の最北端にある「禄剛埼(ろっこうさき)灯台」を散策してきました~(*'▽')♪

能登半島の断崖絶壁の上に聳え立つ白亜の灯台は、夏空に祝福されより一層美しく聳え立っていたのでした。


DSC_1982_01.jpg


【 石川県 能登半島 珠洲市   夏空撮影 in 禄剛埼(ろっこうさき)灯台 】


禄剛埼(ろっこうさき)灯台は、明治16年イギリス人技師リチャード・ブラントン氏の設計に基づき、建設はすべて日本人技術者の手で建設された白亜の灯台です。

能登半島で現存する灯台の中で最も古く、その歴史的・文化的価値の高さから、海上保安庁からAランクの保存灯台に指定されております。

ただし金沢駅から車で2時間半もかかる僻地にあるので、なかなか行く機会が少ないマイナー観光地とされておりますが・・・


DSC_1908_01_2020092322342377f.jpg


DSC_1904_01_202009232234384a9.jpg


夏の終わりに広がる青空と入道雲に祝福された蒼の彼方に聳え立つ純白の灯台


DSC_1895_01_20200923221817c73.jpg


DSC_1942_01_20200923222353cf6.jpg


DSC_1962_01.jpg


一目見た瞬間、あまりにも美しい白亜の灯台に釘付けになってしまいました( ゚Д゚)!
それもそのはず、この美しい灯台はなんと日本の灯台50選にも選ばれております。


灯台のすぐ近くには、海上保安庁公式の説明板が設置されており、それを読んでみると日本に数多くある灯台の中で、この灯台しか設置されていない珍しいものがあります。


DSC_1987_01_20200923224156138.jpg


DSC_1916_02_01.jpg


DSC_1921_01_20200923224408539.jpg


ちょうど灯台中央部の足場のすぐ下側にある外壁にある紋章、なんと菊の御紋章です( ゚Д゚)!
菊の御紋章といえば、天皇・皇室の御紋章なので滅多な施設には絶対設置されないだけあって、全国の灯台ファンの中でも禄剛埼灯台は特別な灯台の1つとなっているかもしれません

なぜ菊の御紋章が設置されたのかという謎は、「昭和31年1月24日第三種郵便物認可 平成27年9月5日発行(隔月1回5日発行)「燈光」第60巻・第6号」に掲載されており、ネットで自由に閲覧できます。
ちなみに活字で54ページありますので、頑張って探してみてください( ノД`)シクシク…



おまけ 禄剛埼灯台周辺で見つけた珍しい記念撮影スポット

一見どこの観光スポットにありそうな石碑


DSC_2018_01_202009232259385a7.jpg


DSC_2020_01_20200923225950a64.jpg


なんと「日本列島ここが中心」と謳われた石碑です。
ただし、沖縄諸島や九州に北海道は割愛な上に本州の中心としてもかな~り強引な線引きだな~と突っ込んではいけません(`・ω・´)
大切な人ときたら、ぜひここで日本列島の中心で愛を叫んでみてください(*´▽`*)



いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます
ぽてとぉ~は、まったりとブログランキングに参加しております
もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただければ、とても嬉しい限りです♪

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村


一眼レフカメラランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
ぽてとぉ~
Admin: ぽてとぉ~
忘れたくない素敵な思い出も、時が経つと薄れていくもの・・

なので、わたしはこの世界で出会った素晴らしい風景を写真で残し、その時感じた想いを忘れないためブログに残していく。

そんな気持ちで、北陸金沢を舞台に出会った素敵な思い出を写真日記で書いてゆきます。

リンクフリーです。ぜひお気軽に登録してください♪

Twitter開設しました~
「ぽてとぉ~」で検索してもらえれば出てきますので、こちらもよろしくお願いいたします。

!注意事項!
ブログで紹介している写真の無断使用及び無断転載はご遠慮ください
北陸散策日記(石川編)