FC2ブログ
14 2019

まるでラリーコースのような翡翠の回廊が続く峠道を愛車が走る  白山白川郷ホワイトロード 愛車撮影日記

石川県の白山市と岐阜県の白川郷を結ぶ白山白川郷ホワイトロード

全長約25kmにも及ぶ険しい峠道は、白山の大自然が織りなす美しいセカイに包まれており、ドライブ好き愛好家にとっては最高のドライブスポットになっております。

また初夏の新緑シーズンや秋の紅葉シーズンになると多くの観光客でいっぱいになるほど、石川県を代表する紅葉の名所にもなっております。

今回は、平日朝のモーニングタイムの入場開始の7時に訪れ、と白山の大自然が織りなす翡翠の回廊と共にまったり愛車撮影を楽しんでまいりましたぁー(*'▽')♪



DSC_1069_01.jpg



【 2019.9.26   石川県 白山市   愛車撮影 in 白山白川郷ホワイトロード 】



平日の早朝、さらに新緑シーズンも終わり、紅葉シーズンにもなっていない白山白川郷ホワイトロードでの愛車撮影

ですが、行楽シーズンになってしまうと愛車撮影なんて不可能なので、この時期を選んで訪れてみたら予想通り、ほとんど車が走らない閑散としたセカイが広がっておりました。



DSC_0769_01_20191009225630ef7.jpg



DSC_0814_01.jpg



白山市側の中宮料金所を通過、朝日を浴びながら翡翠の回廊が続く峠道をまったりと駆け抜けていきます。

そして、事前に愛車撮影スポットに選んでいたホワイトロード1番の名所ふくべの大滝に到着

さっそく巨大な滝と共に愛車をパシャ!



DSC_0762_01.jpg



DSC_0833_01_2019100923024080f.jpg



落差が86mもある滝ですが、残念ながら日本の滝100選にノミネートされていないんですよねー(´;ω;`)

しかし萌える秋色のセカイになると赤や黄などといった秋色に包まれた景観になり、多くの観光バスが立ち寄る人気スポットになります。

そうなると愛車撮影はまず不可能なので、この時期を選んで正解でしたぁー(*'▽')♪


そのあとは、まーったりと翡翠の回廊が続く峠道のドライブを楽しみながら、時折愛車と峠が織りなすセカイをファインダーに写してゆきました。


DSC_0865_01_20191009230913dd0.jpg



DSC_0987_01_20191009230656980.jpg



わたしの愛車 SUBARU WRX STI Type S は、過去幾度となくWRC(世界ラリー選手権)を戦い続けてきた先代インプレッサの血統を受け継いだ車で、現在でも国内ラリーカップで上位グループを占めているほど有名な車です。

白山白川郷ホワイトロードを最初に走った瞬間、美しい大自然の中に広がるラリーコースのような峠道と愛車を合わせてみたいと考え、ようやく夢が実現した形となりました(ノД`)・゜・。



DSC_1072_01.jpg



DSC_0750_01.jpg



朝の7時から交通量がちらほら出始めた9時ぐらいで撮影を終えて、そのあとは白川郷の手前の休憩所で折り返して、再び白山市側の中宮料金所へ戻ってゆきました。

白山白川郷ホワイトロードの利点は、白川郷の料金所手前で折り返せば片道料金で済むので、ドライブや白川郷の大自然を楽しみたい人は、片道料金でま~ったり堪能してください


北陸の素晴らしいセカイと共に愛車撮影が出来たこと・・・本当に充実したドライブ&撮影日和となりましたぁー(*'▽')♪

次回は、愛車撮影の時に見つけた白山白川郷ホワイトロードの中にある景観地と秘境温泉のお話になります。



10月上旬、スバルの公式ホームページが更新されました。

いよいよ今年の12月末で、EJ20エンジンを搭載した現行のWRXがついに生産終了し、10月末には限定555台のWRX STI EJ20 Final Editionが販売されます。

思えばEJ20エンジンは、わたしが就職した時から乗り続いてきた車の鼓動、ドライブの度に聞き惚れていたエンジン音、当たり前のように存在してきたサウンドだけあってすごく悲しい気持ちでいっぱいですが、新たなエンジンを搭載した新型WRXもいよいよ2020年にお披露目されるそうです。

新しい世代になっても血統は生き続ける・・・物はなくなっても多くのラリーファンのココロに残っている・・・ありがとうEJ20エンジン・・・



いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます
ぽてとぉ~は、まったりとブログランキングに参加しております
もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただければ、とても嬉しい限りです♪

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村


一眼レフカメラランキング
関連記事

2 Comments

☆AMEX☆  

素晴らしい背景をバックに車の撮影が出来て良かったですね。
撮影中はハラハラドキドキではありませんでしたか。
コバルトブルーの青空に青の愛車がとても映えます。
しかしこの車、凄い車なんですね。(^^)/
私も昔は車好きでしたが、すでに卒業してしまいました。

2019/10/14 (Mon) 15:41 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

☆AMEX☆さん いつもコメントありがとうございます。

ラリーコースのような険しい峠道での愛車撮影は、すごく充実した撮影日和になりました。

朝一とはいえ、やっぱり車が見えるので、その時は慌ててエスケープゾーンに避難したりとなかなか上手く撮影できないこともありました。

それでもうまく撮影できた瞬間は、やったぁー!と心から叫んじゃうくらいでした♪

2019/10/15 (Tue) 18:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment