FC2ブログ
21 2019

海産物や干物に小物など輪島の名物が所狭しと並ぶ輪島朝市(わじまあさいち)  個性豊かな露店と活気あるおばぁちゃんがおもてなし♪

日本三大朝市と称される輪島朝市(わじまあさいち)をまったりと散策

昔から、生きのいい魚や貝、海苔、ワカメ、干物、農産物などを地元の漁師町の女性たちが朝市に売りに来て生計を立てることから、「輪島のおんなは働きもの」と定評があり、「亭主の一人や二人養えない女は甲斐性なしだ」との言葉があるくらいだそうです。

個性豊かな露店が建ち並ぶ露店の名物おばぁちゃんたちの素朴な雰囲気がとても素敵で、当初の目的であった朝ご飯を忘れながらまったりと朝市通りを散策してきましたぁー(*´▽`*)



DSC_5105_01.jpg



【 2019.8.10   石川県 輪島市   輪島朝市 まったり散策&食べ歩き日記 】



前回の日記に引き続き、輪島朝市の素朴でおばぁちゃんたちの活気あふれる空気に包まれたセカイをご紹介

重いリアカーを引っ張るおばぁちゃんや新鮮な野菜を売るおばぁちゃんと朝から元気なおばぁちゃんたちの生き生きとした姿

撮影しながら挨拶すれば、気さくに挨拶を返してくれたり、お店自慢の商品を見せてくれたおばぁちゃんたち



DSC_5145_01.jpg



DSC_5041_01.jpg



DSC_5169_01.jpg



輪島朝市は、海産物や干物に昆布といった海の幸が有名ですが、ほかにも輪島塗りや曲げわっぱなどの木細工なども数多く露店にならんでいました。

わたし個人としては、猫ちゃんアートが可愛らしい木細工の弁当箱を本気で買おうか悩みまくっちゃいましたぁー(;´・ω・)



DSC_5168_01.jpg



DSC_5151_01_20190815210200c86.jpg



DSC_5135_01_20190815210149cd8.jpg



なかでもひときわ目を引いたのがアワビ売りのおじぃちゃんが自慢のアワビタワー



DSC_5039_01_20190815205623772.jpg



DSC_5040_01_2019081521085414a.jpg



目の前に広がる大きなアワビたち・・・その値段1個6千円~1万円・・・目の前の露店には総額約百万円のアワビ御殿がひろがっておりました( ゚Д゚)!

つい最近では輪島市の夏を告げる食の祭典「あわびまつり」も開催され、この日だけで朝市全体で総額数百万円の売り上げになったのですから驚きです( ゚Д゚)!

そんな活気ある朝市の雰囲気に包まれた露店通りを歩くだけで、すっごい楽しい時間を過ごせちゃいましたぁー(*'▽')♪


輪島朝市は、朝の8時からスタートして大体11時ぐらいを過ぎるとほとんどの露店が店じまいをしてしまうので、少し眠くても朝の8時前に訪れるのがベストです~(*'▽')♪




いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます
ぽてとぉ~は、まったりとブログランキングに参加しております
もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただければ、とても嬉しい限りです♪

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村


一眼レフカメラランキング
関連記事

0 Comments

Leave a comment