FC2ブログ
29 2019

約380年の伝統を受け継いできた飯田町燈籠山祭り  巨大な燈籠山が町中を練り歩く!

能登半島の最北端に位置する珠洲市飯田町の夏祭りの1つ燈籠山(とろやま)祭りを見に行ってまいりました。

燈籠山(とろやま)祭りは飯田町にある春日神社の祭礼で、暑さきびしい土用の折、神様に夕涼みにお出ましいただく祭りとなっています。

お天気は曇り時々雨の梅雨空でしたが、キリコ祭りとはまた違った夏祭りの雰囲気をま~ったりと堪能してまいりました~(*'▽')♪


【 2019.7.20   石川県 珠洲市   飯田町 燈籠山(とろやま)祭り 昼の部 】


DSC_4210_01_20190728111026ae8.jpg


DSC_4232_01_20190728111108332.jpg


DSC_4258_01_201907281111497f8.jpg


DSC_4342_01.jpg


最大の特徴は、燈籠山(とろやま)と呼ばれる高さ約6mの燈籠山人形を掲げた全長16mの山車(やま)です。

もともとは、珠洲市内の各町会(西大町、港町、鍛冶町、南町、栄町、今町、南濱町、吾妻町)が所有する山車8基が祭りに参加していたのですが、大正時代に電線架設によって町中ではできなくなってしまい、一時その姿は消えました。

しかし、電線を地中に設置するようになったことから、昭和58年に1基復活し、そして2011年と2012年に各1基ずつ復活し、合計3基の燈籠山が復活しましたぁ~(*'▽')♪


DSC_4405_01_20190728124541060.jpg


DSC_4280_01_20190728112512b5d.jpg


DSC_4376_01_20190728112546661.jpg


DSC_4455_01_201907281229022cb.jpg


DSC_4446_01_2019072812255171c.jpg


電柱よりも大きな燈籠山が町中を練り歩いていくのは必見、シャッターチャンスも結構ありましたし、何よりもキリコ祭りとは違った夏祭り特有の雰囲気が最高でしたー(; ・`д・´)!

この前見に行ったあばれ祭り同様、地元の方々もすっごく親切ですごく楽しかったです♪


DSC_4641_01_20190728123923bde.jpg


DSC_4600_01_20190728123954b24.jpg


DSC_4529_01.jpg


DSC_4315_01_20190728124038ee2.jpg


DSC_4389_01_20190728124054db1.jpg


DSC_4336_01_201907281247556b7.jpg


DSC_4475_01.jpg


地元の方々が総出で燈籠山を引っ張っているかと思いきや、聞いてみたところお祭り体験もできるみたいでした。

来年の夏は、撮影するだけじゃなく引っ張ってみたいですね~(*'▽')♪

ただ燈籠山祭りは、平日休日関係なく毎年7月20日と21日に行われるので、来年は平日だからちょっと無理っぽい(´;ω;`)

そして、この後も燈籠山は町中を練り歩きましたが、わたしは夜に行われる花火大会と夜の部に向けての準備と花火の場所取りに向かうのでした。



いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます
ぽてとぉ~は、まったりとブログランキングに参加しております
もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただければ、とても嬉しい限りです♪

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村


一眼レフカメラランキング
関連記事

0 Comments

Leave a comment