FC2ブログ
05 2019

春雪に覆われた銀世界に作られた雪洞回廊巡り   立山黒部・雪の大谷フェスティバル

4月下旬から6月下旬に開催される立山黒部アルペンルート 春のイベント立山黒部・雪の大谷フェスティバル

今年発表された積雪の最高地点の高さは、なんと16m( ゚Д゚)!

今まで南国沖縄で暮らしていたわたしにとっては、まさに未知の世界ということですっごくワクワクしてこの日を迎えました。

天気は快晴♪最高に素敵な蒼空の下、まったりと切り開かれた銀世界の回廊を巡ってまいりまいた。


【 2019.5.4   富山県 立山町   室堂駅 立山黒部・雪の大谷フェスティバル 】


DSC_6142_01_20190531203643641.jpg


DSC_7062_01_20190531203708b49.jpg


DSC_7184_01_201905312038201e8.jpg


雪の大谷のメインストリートであるウォーキングゾーン

目の前に広がる銀世界、そしてその中央を切り開いた雪の回廊がお出迎え

雪の大谷は、お天気の良し悪しでがらっと風景が変わってしまう難しい撮影スポットにもなっています。

お天気が曇り空になってしまうと雪の白と曇り空の白でかぶってしまうため、あまりいい感じの写真を撮る事が出来なくなってしまいますが、今回の旅行ではお天道様がすっごいサービスをしてくれたおかげで、最高の雪の大谷がお出迎えしてくれました。

白銀の回廊を走るのは、立山高原バスとなっています。このシーズンは一般車の通行は全面禁止となっており、ここまで来るには立山高原バスに乗るしかありません

なので、早朝にもかかわらず大勢の観光客を乗せて、何台もの観光バスが雪の大谷を走ってゆきました。


DSC_7254_01.jpg


DSC_7122_01.jpg


DSC_7176_01.jpg


DSC_7212_01_20190531204537c9f.jpg


巨大な雪の大谷を走ってゆく観光バスと観光客のスナップフォト

人が少なく見えるかもしれませんが、これでも朝の9時半の開通同時に撮影した写真です。

実際は、この写真の何倍もの観光客に埋め尽くされており、まるで朝の通勤ラッシュに見舞われた駅のホームのようでした。

今年の立山黒部アルペンルートの旅を1泊二日の日程にした最大の理由は、大渋滞と大混雑に見舞われる雪の大谷ツアーを回避するため

このセカイにたどり着くまで、かなりの回り道をしてしまいましたが、おかげでわたしが撮影したかった最高の雪の大谷の風景をま~ったりと見る事が出来ました~(*'▽')♪

ですが10時半過ぎになってくると麓からの観光客がどっと押し寄せてきて、あっという間に大行列となってしまいましたので、早々と雪の大谷を離れることにして、そのわきを通っているパノラマロード「ZEKKEI」を歩いて室堂駅へ


DSC_7293_01_201905312104341b1.jpg


DSC_6325_01_201905312104148c8.jpg


DSC_7316_01.jpg


室堂駅に到着してみるとバスターミナルに色鮮やかな観光バスが並んでおり、これはこれで結構いい感じの景色を見る事が出来ました(*'▽')♪

1番の目的でもあった立山黒部・雪の大谷フェスティバルを見終わったわたしは、春の立山黒部アルペンルート随一のビュースポットでもある春雪の室堂平とみくりが池へと足を運ぶのでした。



いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます
ぽてとぉ~は、まったりとブログランキングに参加しております
もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただければ、とても嬉しい限りです♪

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村


一眼レフカメラランキング
関連記事

0 Comments

Leave a comment