06 2011

シーサー

 沖縄を代表するシーサー 昔は、寺社や城の門、御獄(うたき)、貴族の墓陵、村落の出入り口しかいなかったのですが、明治になると庶民でもシーサーを飾ることが増えたようです。

 いまでは、民家に一つ必ずおいてあり、道歩く屋根には、さまざまな色や形のシーサーがいまでもわたしたちを守ってくれています。

シーサー

撮影日  2011.9.23

撮影場所 備瀬のフクギ並木のとある民家にて

 
 もし、皆さんが沖縄へいらっしゃった際には、民家の屋根を見てみましょう、いろいろなシーサーに出会うことができるでしょう♪

関連記事

0 Comments

Leave a comment