FC2ブログ
07 2018

地元のダイバーやカメラマンしか知らない絶景穴場スポット 裏真栄田&ザネー浜 まったり散策日記

DSC_6230_01.jpg


DSC_6293_01_201812062204224c4.jpg


【 沖縄県 恩納村   裏真栄田岬&ザネー浜(Beach51) 絶景スポット巡り 】


沖縄中部にある有名なダイビングスポット真栄田(まえだ)岬


DSC_6346_01.jpg


DSC_6339_01_20181206214634b45.jpg


夏の観光シーズンになると数多くのダイバーが蒼の洞窟を目指してやってくる人気スポット
もちろん景観も素晴らしく、目の前いっぱいに広がる蒼のセカイを堪能出来ちゃいます


DSC_6331_01.jpg


しかし真栄田岬には、地元のダイバーや一部のうちなーカメラマンしか知らない絶景スポットが2つあります
それは・・・裏真栄田ビーチザネー浜(Beach51)

今回は、この2つの隠れ絶景スポットを巡ってゆきましょう
まず初めに真栄田岬公園の駐車場に車を停めて、歩くこと10分弱


DSC_6306_01_20181206215312f28.jpg


道の横に伸びるサトウキビ畑の農道をたどっていけば・・・
まず最初の隠れスポット裏真栄田ビーチに到着です


DSC_6258_01.jpg


DSC_6255_01_2018120621535256e.jpg


ビーチには自然が創り出した巨大な奇岩が立ち並び
人の手が全く入っていない大自然の美術館が広がります

人の手が入らない美しい南国の自然が色濃く残っているということ
なので、地元ダイバーたちにとって、絶好のダイビング&シュノーケリング・スポットとなっています


DSC_6293_01.jpg


DSC_6299_01_20181206215842ef0.jpg


地元のダイバー曰く
「観光シーズンで砂が巻き上がって視界が悪い蒼の洞窟よりも、裏真栄田のほうが手軽に熱帯魚などに出会えるよー!(^^)!」
たしかに真栄田岬よりもダイバーの数が少なくて、ま~ったりできちゃうなぁ~と感じましたぁー

そんなフレンドリーな地元ダイバーたちと別れ、もう一つ・・・というよりもここがこの日の私の目的地でもあります

裏真栄田からさらに歩くこと10分弱
生い茂った南国の熱帯植物のジャングル(大げさww)を超えて見えてくるのは・・・


DSC_6187_01.jpg


DSC_6213_01.jpg


こんな素晴らしいエメラルドグリーンのちゅら海がまだあるなんて・・・( ゚Д゚)!
というのが数年前に発見した時のファースト・インプレッション

こここそが!わたしの中で、沖縄中部絶景スポット・第一位と称する景観地ザネー浜(Beach51)です

別名「ビーチ51』という名称・・・私の中では、アメリカにある極秘エリア「エリア51」を彷彿させるネーミングですが・・・


DSC_6201_01_201812062209485ff.jpg


こんなにも素晴らしい景観地なのに観光客や地元の人達にもあまり知られていないのは、まさにオカルトレベル
まさに地元のダイバーや一部のカメラマンにブライダル・フォトグラファーしか知らなかった絶景スポットなのですが、近年インスタなどのSNSでこの景観地が知られるようになりました

嬉しいやら悲しいやら・・・と私自身の心境は複雑なのですが、ぜひ皆さんにはこの美しい絶景スポットを一目見てもらいたいですね~( ゚Д゚)!

ただし、このビーチ51には駐車場はありません!!
訪れるなら、有料の真栄田岬公園の駐車場に車を停めてから訪れてください
理由としては、道幅が極端に狭いため、路駐されると地元の農家の人たちが大変困ってしまうためです( ノД`)シクシク…


DSC_6205_01.jpg


最近では、備瀬のワルミが観光客のマナーが悪いため封鎖されたという悲しい出来事がありました
願わくは、この絶景スポットを第二の備瀬のワルミにしてしまわないように皆さんの協力を願うばかりです

真栄田岬公園の近くにある絶景隠れスポット裏真栄田とザネー浜


DSC_6293_01_20181206222056038.jpg


DSC_6227_01_2018120622211388c.jpg


真栄田岬公園に訪れたら、ぜひ一度訪れてみてください
きっと目の前いっぱいに広がるエメラルドグリーンのちゅら海に言葉う失うことでしょう



いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます
ぽてとぉ~は、まったりとブログランキングに参加しております
もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただければ、とても嬉しい限りです♪


にほんブログ村


沖縄 ブログランキングへ
関連記事

0 Comments

Leave a comment