FC2ブログ
15 2018

広大な宮古ブルーのちゅら海と宮古島の大地が織りなす絶景   東平安名崎公園 散策日記

DSC_0139_01_20180807090613dda.jpg


【 沖縄県 宮古島   まったり宮古島旅行2日目 東平安名崎(ひがしへんなざき)公園 散策日記 】


八重干瀬(やびじ)シュノーケリング・ツアーの余韻に浸りながら、まったりドライブ
訪れたのが与那覇前浜ビーチと並んで宮古島を代表する景観地東平安名崎(ひがしへんなざき)です


DSC_0052_01_20180807100755f8c.jpg


DSC_0051_01_20180807100817b4d.jpg


宮古ブルーの蒼と宮古島の大自然の碧織りなす絶景公園

前回の旅行では、岬の手前からの風景しか見ることが出来なかったので、今回はしっかりと灯台に登ってみましょう
さてさて、どんな素敵なセカイが待っているのか?今から楽しみです(*‘∀‘)♪

東平安名崎は、日本の都市公園百選にも選ばれた有名な景観地
まず灯台近くの駐車場へ


DSC_0050_01_20180807101048efd.jpg


駐車場には、人力車や移動売店と食欲や観光欲をそそられる風景が広がっておりました
でもまずは、日本の灯台50選にも選ばれたお目当ての東平安名崎灯台です


DSC_0068_01_20180807101834b27.jpg


DSC_0074_01_2018080711491809c.jpg


意外と多くの観光客が間違える灯台や公園の正式名称
東平安名ではなく東平安名なので、気を付けてください!(^^)!


DSC_0081_01_201808071019047ba.jpg


灯台の1階は、展示スペースとなっており様々な灯台のライトが所狭しと並んでおります


DSC_0080_01_20180807113126a83.jpg


DSC_0076_01_2018080711322075d.jpg


まったりと灯台のお勉強を終えて、いよいよ最上階に向けて出発です
エレベーターなんて言う文明の利器などあるわけもなく、最上階まで97段の螺旋階段をとことこと登ってゆきます

夏の暑さにばてながら、ようやく最上階へ到着
狭い出入り口の真上には、灯台の心臓部ともいえる巨大なライトがお出迎え


DSC_0001_01_20180807113606b49.jpg


そして、いよいよ屋外へ・・・
海風が吹き抜ける中、展望デッキに出てみると・・・



DSC_0043_01_20180807114437cb1.jpg


まず初めに眼下に見えるのが、沖縄最東端の岬
・・・って、こんなに高かったんだぁーと改めてビックリ( ゚Д゚)


DSC_0009_01_20180807113703cb8.jpg


宮古島最東端の左側は、東シナ海
南国特有のスコール雲が広がる荒々しいセカイ


DSC_0030_01_20180807113834c93.jpg


右側には、広大な太平洋
穏やかで、多くの人が魅了されてきた宮古ブルーの美しいちゅら海

そして、宮古島最東端を中心に見渡せば・・・


DSC_9986_01_20180807114050cdc.jpg


荒々しくも美しい宮古島ワールド
最初は少し天気が悪くがーっかりしていたのですが、ある意味夏の沖縄の風景を1枚の写真で表現できる貴重な風景に出会えましたぁー(*'▽')♪

そして東平安名岬公園の最後は、なんといっても宮古ブルーと岬公園とのコラボレーション


DSC_0158_01_201808071148120c1.jpg


見る角度や構図をちょっと変えてあげれば・・・


DSC_0122_01_20180807114850f9c.jpg


最後の最後に晴れた夏色キャンバスのセカイ
もう思い起こすことはないくらい素晴らしき東平安名崎公園散策でした~(ノД`)・゜・。

宮古島旅行3日目のお話は、いよいよあの美しいアクアマリンのセカイ再訪のお話です



いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございました
まったりとブログランキングに参加しております
もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただければ、とても嬉しい限りです♪


にほんブログ村


沖縄 ブログランキングへ
関連記事

0 Comments

Leave a comment