FC2ブログ
07 2018

初夏を彩る翡翠の回廊と青空に広がる世界遺産

DSC_5859_01.jpg


【 沖縄県 今帰仁村    初夏の今帰仁城跡(なきじんぐすくあと) 】


梅雨の合間に広がる青空
初夏の入道雲がいい感じの日に訪れたのが、本島北部にある世界遺産今帰仁城跡(なきじんぐすくあと)です


DSC_5748_01_20180606201821ce4.jpg


DSC_5752_01.jpg


1月下旬に開催されるさくら祭りがメジャーな今帰仁城跡ですが、初夏の風景もすごく綺麗なんですよね~♪
早速ま~ったりと世界遺産に広がる初夏のセカイを巡ってゆきましょう
今帰仁城跡の初めに見えてくる本門である「平郎門(へいろうもん)


DSC_5768_01_201806062031056c2.jpg


DSC_5757_01_201806062031169e4.jpg


夏の青空と堅牢な石垣に固められた城跡
その城門をくぐり抜けていくと初夏のセカイが広がります


DSC_5833_01.jpg


DSC_5836_01.jpg


これぞ初夏のセカイ限定で見ることのできる新緑の翡翠の回廊
さくら祭りでは、鮮やかな寒緋桜のトンネルでしたが、この季節になると新緑のグリーンが色鮮やかに広がります

翡翠の回廊をグングンと奥に進んでゆき、石段を登って振り返ってみると・・・


DSC_5806_01_20180606203713cfa.jpg


世界遺産の城壁と新緑が織りなす風景を堪能出来ちゃいます

しかし、ここはまだまだ序の口
今帰仁城跡で一番の絶景は、この石段を登って行った先にある「大隅(ウーシミ)」からの眺めです


DSC_5810_01.jpg


堅牢な城壁と初夏の新緑、そして遠くに広がる青空とエメラルドグリーンのちゅら海

これぞ夏色の美しさを凝縮した箱庭のような絶景です
もちろん鮮やかな寒緋桜も捨てがたいですが、南国沖縄と言ったらエメラルドグリーンのちゅら海もお勧めのスポットです

ちょうど海側の反対側にあるのが「志慶真門郭(しげまじょうかく)」と呼ばれる城主に仕えた身近な人々が住んでいた場所です


DSC_5813_01_20180606204620992.jpg


DSC_5818_01.jpg


思わず寝ころびたくなるくらいフサフサの新緑のカーペット
ですが照りつける南国の陽射しのせいで、まったりお昼寝には向かないかもしれません(;´∀`)

最後は、今帰仁城跡で見つけた番外編スナップフォトです


DSC_5778_01.jpg


まずは、今帰仁城跡に暮らす城主・・・ならぬ城にゃんこ
他にも黒猫や灰猫など様々な城にゃんこがま~ったりお城ライフを満喫しておりましたぁ~

最後は、今帰仁城跡に行く途中に広がる桜並木


DSC_5745_01_20180606205655319.jpg


こちらも私のおススメ、晴れた日には遠くに広がるエメラルドグリーンのちゅら海と翡翠の回廊がどこまでも続く景色を見る事が出来ちゃいます♪

夏の観光シーズンにぜひ一度、今帰仁城跡に訪れてみてください
梅雨が明けたあとは、気温も30℃を超える真夏日のため、汗だく必至の世界遺産散策ですが、その先に見える絶景には言葉を失っちゃうことでしょう



いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございました
まったりとブログランキングに参加しております
もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただければ、とても嬉しい限りです♪


にほんブログ村


沖縄 ブログランキングへ
関連記事

0 Comments

Leave a comment