FC2ブログ

ぽてとのまったり北陸日記

                                                             

白山白川郷ホワイトロードの紅葉が見ごろを終え、いよいよ北陸3県の紅葉名所が色づいてまいりました。

なかでも福井県の奥越地方の山奥にある刈込池の紅葉が最盛期を迎えたということで早速朝早く行ってまいりました。

朝の4時に自宅を出発し、薄暗い福井の山奥に続く峠道を進んだ先に見えてきたのは、少し早い北陸の冬景色でした。



DSC_3182_01_2019111319370882d.jpg



【 2019.11.2   福井県 大野市   ひと足早い小池公園の冬景色  】



福井県の隠れた紅葉名所刈込池(かりこみいけ)の出発地点となる小池公園に到着したのは朝の6時過ぎ

しかし、わたしが到着した時点ですでに2か所の駐車場はほぼ満車( ゚Д゚)!

あと10分ほど朝起きるのが遅れていたら、最低2時間待ちになっておりました(; ・`д・´)

今回の装備は、朝早い撮影を想定して前回の白山白川郷ホワイトロード・三方岩岳トレッキングの時とほぼ同じ装備



① Nikon D850  ② 24-70mm F2.8 標準レンズ ③ 16-35mm F4 広角レンズ ④ 70-200mm F4 望遠レンズ ⑤ ベルボンの大型三脚



前回の装備との変更点は、ベルボンの小型軽量三脚→ベルボンの大型三脚

理由は、刈込池に広がる秋色の風景をきめ細やかく撮影するため、ISOを低くしての低速シャッターが要求されるので、足の細い三脚だとガッチリ固定できないため、携帯性を犠牲にして大型の三脚バックを背負ってのトレッキングです(;^_^A



トレッキングのスタート地点となるのは標高850mの下小池駐車場

ここから標高1100mの刈込池まで約1時間半の早朝トレッキングに出発です(`・ω・´)



DSC_3185_01_01.jpg



DSC_3200_01.jpg



DSC_3194_02.jpg



途中で2つのコースに分かれる分岐点へ到着

長距離で緩やかなトレッキングコースが続く「岩場コース」と短距離だけども686段もの石段が待ち受ける急勾配の「石段コース

トレッキング初心者の私が選んだのは岩場コース

なぜなら、早朝ということもあり朝露でぬれた石段コースですと、わたしの装備では足を滑らせた場合に背負ったカメラやレンズなどに致命的なダメージを受けると考えました。

そのため急がば回れのことわざ通りにま~ったりと朝のトレッキングを楽しむことにしました。



広大な山岳地帯となっている願経寺山(がんきょうじやま)では、日の出となっても太陽の陽射しが届かず、冷たく薄暗いセカイが広がっておりました。



DSC_3207_01_20191113201234ddd.jpg



DSC_3211_01_2019111320134973f.jpg



DSC_3590_01_20191113201740166.jpg



前回登った白山白川郷ホワイトロードの三方岩岳の暖かな風景とは対照的に広がるひと足早い福井県の冬景色の片隅

薄暗く静寂に包まれたトレッキングコース・・・まるで白雪姫に出てくる暗い森の中のよう

ふと足元を見てみると驚きの光景が広がっておりました



DSC_3180_01.jpg



DSC_3183_01_20191113200324a35.jpg



青葉を包み込む霜(しも)、この時期ですとわたしの住んでいる石川県でも見る事がなかった光景

霜が出る条件は、気温がおよそ5℃以下・・・この時期の石川県の最低気温をはるかに超える寒さです(;゚Д゚)!

かじかむ手をさすりながら、早く太陽が出てほしいと願いながら薄暗い登山道を登っていくのでした(続く)



今日から福井県の紅葉名所刈込池(かりこみいけ)の写真日記を書いていきたいと思います。

厳しい寒さの早朝トレッキングから始まり、息をのむほどの幻想的な秋色のセカイが広がり、想像以上に美しい福井の山奥に広がる紅葉の写真を楽しんでいただければ嬉しい限りです(*'▽')♪



いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます
ぽてとぉ~は、まったりとブログランキングに参加しております
もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただければ、とても嬉しい限りです♪

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村


一眼レフカメラランキング
この日記でも長く綴ってきた紅葉シーズンの白山白川郷ホワイトロード

いよいよ紅葉シーズンの最後を締めるのは、石川県の蛇谷園地から遊歩道で歩いた先にある姥ヶ滝(うばがたき)です。

日本の滝100選にも選ばれた雄大な滝と紅葉のコラボレーションをまったりと眺めてまいりました~(*'▽')♪



DSC_3050_01.jpg



【 2019.11.1   石川県 白山白川郷ホワイトロード   紅葉に彩られる姥ヶ滝(うばがたき) 】



蛇谷園地から遊歩道を歩くことおよそ15分ほどで、目的地の姥ヶ滝が見えてまいりました。

まずは遊歩道から望遠連巣を使って、パシャ!



DSC_3003_01_2019110607325256d.jpg



DSC_3075_01_2019110607330789b.jpg



ここはまだ姥ヶ滝のほんの一部なのですが、望遠レンズの圧縮効果で渓流と紅葉を合わせてみたらいい感じに仕上がりました。

そしていよいよたどり着いた姥ヶ滝、目の前に聳え立つ雄大な大滝と紅葉のコラボレーションが最高のセカイを彩ります。



DSC_3057_01_20191106071838e29.jpg



DSC_3046_01_20191106071900d41.jpg



DSC_3008_01_20191106071930b00.jpg



雄大な大滝を挟んだ渓谷に色づく紅葉との組み合わせは、とても最高です!

ただこちらも蛇谷園地と同じく、ちょっとだけ紅葉の見頃には早かったみたいですね~(;^_^A



姥ヶ滝に訪れる数日前から、天気予報が曇り空である日を確認してから訪れました。

理由は、新緑シーズンの姥ヶ滝に訪れた際、晴れ空だと完全に逆光となってしまいなかなかうまく撮影できなかったからです(´;ω;`)

さらに紅葉を色鮮やかにするためのPLフィルターも効果が薄くなると予想し、あえて曇り空のほうを選んできましがいい結果にになりました(*'▽')♪



DSC_3018_01_20191106072612301.jpg



DSC_3064_01_20191106072630e6d.jpg



とはいえ晴れの日がダメというわけでもなく、太陽光がうまく雲で隠れた瞬間に蒼空をいれての撮影もなかなかいい感じでした。

ただ滝の流れを白糸のようににするためNDフィルターでの長時間露出撮影でしたので、逆光だとゴーストやフレアも発生し、露出オーバー気味になるのが残念でした(´;ω;`)

しかし晴れの日は太陽が隠れる時間帯を狙って撮影してみれば、曇り日とはまた違った素晴らしい姥ヶ滝を撮影できたかなぁ~?とちょっと後悔><


この後は、予想以上に大勢の観光客が押し寄せてきたので足早に退散、せっかくなので白山白川郷ホワイトロード最後のドライブ&ちょこっと愛車撮影を楽しみました。



DSC_3093_01.jpg



ちょうど晴れ間が広がり、色づいたブナの原生林に射し込んだ瞬間に撮影



DSC_3108_01.jpg



DSC_3087_01_201911060744141e3.jpg



まさかまさかこんなにもいい感じの愛車撮影ができるなんて思いもよりませんでした(*'▽')♪

石川県~岐阜県の料金所で折り返しのドライブを堪能、遠目で見た白川郷はまだまだ紅葉の見ごろは早いように感じました。

でも紅葉予報では、11月7日ぐらいから最盛期という予報になっていたので、その週末に訪れてみようかなぁ~と悩み中です(。´・ω・)?



今日の日記を持ちまして、長期連載の秋の白山白川郷ホワイトロードの写真日記はおしまいです。

最初はここまで長くないと思っていたのですが、紅葉シーズンの白山白川郷ホワイトロードは、最高に素晴らしく写真を何枚撮影してもまだまだ伝えきれないという思いでいっぱいでした。

今年は三方岩岳の天候がイマイチで山頂からの絶景はお預けになりましたが、来年こそは山頂からの壮大な紅葉絨毯を撮影したいと思います。



いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます
ぽてとぉ~は、まったりとブログランキングに参加しております
もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただければ、とても嬉しい限りです♪

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村


一眼レフカメラランキング